中尾明慶、妻の仲里依紗から「だったら自分で洗濯すればいいじゃない!」と言われた理由

公開:
中尾明慶、妻の仲里依紗から「だったら自分で洗濯すればいいじゃない!」と言われた理由
最新エピソードを無料視聴

7月20日に放送されたトークバラエティ『トークィーンズ』(フジテレビ系、毎週木曜23:00~)で、中尾明慶が妻・仲里依紗との結婚生活をぶっちゃけた。

中尾は2013年に仲と結婚して、今年が10周年。小学4年生の息子を持つパパでもある。近藤千尋が聞き手となった事前取材VTRでは、「面と向かって言えてない事」を挙げ、「夫婦ゲンカはしょっちゅう」と言う。原因を聞かれると、「僕が休みでカーテンも開けてないとか、靴下が脱ぎっぱなしだとか、そういう些細なことでケンカがはじまる」と話す。また、中尾がお風呂から出たあと換気扇のスイッチを入れ忘れると、仲が「ハァ~」とため息をつきながら押すことも。中尾は、「ドライヤーで髪を乾かしたあとにやろうと思っている」と主張するが、近藤は「“やろうと思ってた詐欺”なんですよ」と、妻目線で反論。スタジオの若槻千夏は「VTR止めようぜ」、いとうあさこは「ケンカだ、ケンカ」と仲の肩を持ち、真っ向対決の様相を呈した。

VTRで中尾は、別々となった洗濯事情についても明かした。内情について、「買ったばかりのロンTが洗濯乾燥されて縮んでたんですよ。『俺のロンT縮んでんじゃん』って言ったら、『だったら自分で洗濯すればいいじゃない!』ってなって、その翌日には洗濯かごみたいなのが届いて、僕専用のやつに入れて、溜まったら洗ってます」と話した。

スタジオでは女性タレントたちから、「どうして欲しいんですか?」と質問された中尾。「効率は悪いと思うんすよ」と答えると、松村沙友理は「効率の問題じゃないんですよ。あなたに(洗濯物を)洗ってほしいという心が欲しいんですよ」と熱弁。指原莉乃が、「『一緒に洗おうよ』って言ってくれたほうが(うれしい)。『できるときは俺もやるし』って、交代交代で」と解決策を導くと、若槻は換気扇と洗濯のW問題を「全部すぐ解決する話だから」と一刀両断した。

次回は7月27日に放送され、木戸大聖がゲスト出演する。

PICK UP