与田祐希、田中要次と鼻息がかかる距離まで接近!?「ラブシーンじゃないです!」

公開:
与田祐希、田中要次と鼻息がかかる距離まで接近!?「ラブシーンじゃないです!」

乃木坂46与田祐希が主演を務めるドラマ『量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系にて6月29日スタート、毎週木曜24:30~)の記者会見が、同局にて開催。与田のほか、共演者の望月歩前田旺志郎藤井夏恋石田悠佳LINKL PLANET)、天川れみ(LINKL PLANET)、田中要次が出席した。

本作は、2022年7月期に放送された『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』の世界とは別の“もう1つの世界”を生きる小向璃子(与田)の成長を描いたホビー・ヒューマンドラマ。本作で描く璃子は、大学時代に友人と立ち上げたスタートアップ企業「ドリームクレイジー」の社長。会社と共に若手スタートアップ企業が切磋琢磨していくスタートアップ企業支援プロジェクト「ドッグラン」を通じてユニコーン企業を目指していく姿を描く。

与田にとって地上波連続ドラマ初主演となった前作。世界は違えど、もう一度璃子役を務めることとなった与田は「前作でプラモデルとも初めて出会い魅力を知ることができて、スタッフさんと良いチームワークで一生懸命作り上げた作品だったので、その作品が評価されて今回の作品に繋がったのが心から嬉しいです」と大喜び。望月や前田などの共演者とも1年ぶりに再会となったが「最初はドキドキしましたが、現場に入ると安心感がすごくて。“帰って来たな~!”と思いました」とすぐに空気感を取り戻せたと語る。

注目してほしいポイントを聞かれると、「前作での璃子は割とど真ん中の量産型な感じだったのですが、今回は根っこは量産型だけどひょんなことから社長になるというキャラクター。私もアイドルっぽい性格ではないですが、ひょんなことからアイドルになったので、そこに共通点を感じました。皆さんもそこに共感してもらえるのでは」とアピール。また、劇中では矢島一“やっさん”役の田中と鼻息がかかるまで近づくシーンもあったそうで、「鼻息に笑っちゃってNGを出したことがありました(笑)」と振り返る。

その時、田中は「このまま近づいたら乃木坂ファンに殺されてしまいそうだ」と思っていたそうで、「ラブシーンじゃないですからね! 安心してください!」とファンに向けて弁明し、会場の笑いを誘った。

この日、本作の放送を記念して作られた「HG 1/144 量産型リコ専用ザク」が登場。出演者たちに配られると、作品のロゴが入った本体に全員が「すごい!」と感動。本作を通じてプラモデルを作る楽しさ、そして難しさを知った与田は「ここのシールは貼るのが難しそうだな~」と作る際の想像を膨らませていた。

なお、会見時には本作のエンディングテーマを歌うLINKL PLANETが、ED曲「Part to Part」を生パフォーマンス。元気いっぱいのダンスと歌声を披露していた。

<第1話あらすじ>
小向璃子(与田)は、大学の同級生である高木真司(望月)と浅井祐樹(前田)と共に「ドリームクレイジー」を起業。

サービスを開発するため、スタートアップ企業支援プロジェクト「ドッグラン」代表・犬塚輝(マギー)にプレゼンをするも、厳しい評価を受けてピンチに陥っていた……。追い討ちをかけるようにドッグランのメンバーである中野京子(藤井)に言われた量産型という言葉に疑問を持つ。

発想を広げるために新しいことに挑戦するようアドバイスを受けたリコは、いつもと違う道を歩いていると模型店を見つける。店主・やっさん(田中)に勧められるままプラモデル作りに挑戦することに……。

画像ギャラリー

PICK UP