岩田剛典“新名”、永山瑛太“陽一”からみちとは別れたのかと問われ…

公開:
岩田剛典“新名”、永山瑛太“陽一”からみちとは別れたのかと問われ…

奈緒が主演を務める木曜劇場『あなたがしてくれなくても』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の最終話(第11話)が6月22日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

ハルノ晴の同名コミックが原作。夫婦のセックスレスをテーマに描く大人の恋愛ドラマ。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト動画、TVer独占となる『「あなたがしてくれなくても」×「稲葉浩志 - Stray Hearts/THE FIRST TAKE」スペシャルPV』などが配信中。

先週放送された第10話で吉野みち(奈緒)は陽一(永山瑛太)との離婚を決意。新名誠(岩田剛典)と楓(田中みな実)も離婚することになり、新名はみちに「俺はみちさんのことが好きです。ずっと一緒にいてください」と改めて告白する。しかしみちは「ごめんなさい。新名さんの気持ちには応えられません」と返して……。

<最終話あらすじ>
吉野みち(奈緒)と新名誠(岩田)はお互いを好きになったことに後悔はないと伝えて別れた。

2か月後、新名は陽一のカフェに呼ばれる。陽一は新名にみちと別れたのかと聞く。陽一は「みちは誰かがそばにいて見てやんなきゃダメだ」と促すが、新名は「みちさんは1人で生きていけますよ」と答える。

吉野みち(奈緒)
吉野みち(奈緒)

ある日、陽一の家に姉の麻美(紺野まひる)がやってくる。麻美は子供の音楽教室の発表会に行けないので、みちに代わりを頼んだと言う。自分も行こうとする陽一に、麻美は「あんたは来なくて良い」と告げるが……。

画像ギャラリー