萩原利久“月読”、トリンドル玲奈“そよぎ”のことで頭がいっぱい!?

公開:
萩原利久“月読”、トリンドル玲奈“そよぎ”のことで頭がいっぱい!?

萩原利久が主演を務める土曜ナイトドラマ『月読くんの禁断お夜食』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)第6話が、5月27日に放送、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

「BE・LOVE」(講談社)で連載中のアサダニッキによる同名コミックをドラマ化した本作。ストイックに生きるあまり食に興味を失ってしまったカリスマトレーナー・御神そよぎ(トリンドル玲奈)が、食に対して強いこだわりを持つ月読悠河(萩原)と出会い、物語が展開されていく新感覚の禁断グルメラブストーリー。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェスト、制作発表記者会見の様子が配信中。

前回第5話で、そよぎが働く​​「ACCESS PERSONAL GYM」では、穂波司(INI尾崎匠海)がスポーツフードマイスターの資格に合格し、ジムのメンバーで飲みに行くことに。司は、酔っぱらったよそぎを送ることになりマンション前まで来ると、月読が現れた。そよぎは彼をご近所さんと紹介し、同い年かもしれないとのことで、司は月読に年齢を尋ねる。月読が23歳だと答えると、司は「あ〜。じゃあ俺の方が年上だ。24なんで」と返し、そのやり取りに「ほとんど一緒」と、つい笑ってしまうそよぎ。司は「全然違うんで!」と口を尖らせて……。ネット上では、年齢でマウントする司に「可愛すぎ」「子犬の威嚇」「素敵でした」​​とのコメントがあがっていた。

<第6話あらすじ>
眠ってしまった御神そよぎ(トリンドル)の髪に思わず触れてしまい、動揺を隠せない月読悠河(萩原)。兄・朝日奈大河(浅香航大)が責任者を務める「ゴールデンジム」のメニュー開発に勤しむも、そよぎのことで頭がいっぱいになってしまう。そして、そよぎを悩ませる初恋の相手が朝日奈だと知った月読は、「彼女の引き抜きの件は任せろ」という朝日奈に、珍しく感情的になってしまう。

一方のそよぎは、朝日奈とのランチが、実は「ゴールデンジム」への勧誘が目的だったことを回想し、ため息をつく。そんな中、「ACCESS PERSONAL GYM」に突然、朝日奈が現れる。朝日奈が「ゴールデンジム」の人間だと知った後輩トレーナーの穂波司(尾崎)は、2人のやり取りを気にかけていて……。

やがて土曜日の夜、月読が落ち込むそよぎに夜食を振舞う。そよぎが悩みを打ち明ける中、バランスを崩した彼女を支えると、月読は衝動的にある行動に――!?

画像ギャラリー

PICK UP