内田朝陽“基樹”、稲森いずみ“陽子”の大胆な行動に驚き

公開:
内田朝陽“基樹”、稲森いずみ“陽子”の大胆な行動に驚き
最新エピソードを無料視聴

稲森いずみが主演を務める金曜ドラマDEEP『夫婦が壊れるとき』(日本テレビほか、毎週金曜24:30〜※この日は24:55~)の第8話が、5月26日に放送される。

同ドラマは、夫と子供に恵まれ、医師として順風満帆な生活を送る真壁陽子(稲森)が、不倫が発覚した夫を徹底的に追い込んでいく苛烈な復讐の物語。現在TVerでは、第1話、第4話〜第7話、ダイジェスト動画、ドラマ本編のすべての伏線が回収され、謎が明らかになるオリジナルストーリーが配信中。

前回第7話で、陽子は、​​夫・昂太(吉沢悠)友人で会計士の加集基樹(内田朝陽)とホテルで会うことに。基樹は昂太の不倫を知った上で、「こういうかたちの復讐も悪くない」とホテルの部屋のカードキーを託し、その場をあとにした。SNS上では、そんな基樹​​に対し、「類は友を呼ぶ」「泥沼化してる」とのコメントがあがっていた。

<第8話あらすじ>
真壁陽子(稲森)は、夫・昂太(吉沢)の友人で会計士の加集基樹(内田)とホテルで落ち合う。自分に気がある基樹の前に、一段と美しく着飾って現れる陽子。全ては夫に復讐するため……陽子はついに後戻りできない選択をするのだった。

そして基樹と会っている間、陽子は昂太の元に相沢佳奈子(内田慈)を送り込み、昂太の動向を探らせる。幼なじみの佳奈子に気を許す昂太は、「金の悩みが尽きない」と愚痴をこぼしながらも、次の映画に大口のスポンサーが付くから大丈夫だと自信ありげ。

翌朝、基樹と一夜を過ごした陽子は、態度を一変させて基樹に詰め寄る。「昂太の会社の収支内訳と個人口座の情報をすべて渡して」。それができなければ、このことを妻の朋美(安藤聖)にバラす。陽子の真の目的を知った基樹は、その大胆な行動に驚きつつも要求に従うしかなく……。

その頃、陽子のスパイとして佐倉理央(優希美青)の動きを監視する吉野芽衣(結城モエ)の身に、思いがけない危機が迫っていた――。

画像ギャラリー

PICK UP