倉科カナ“麻紀”、女性と歩く菊池風磨“蒼太”を目撃…「都合よく使われてる?」

公開:
倉科カナ“麻紀”、女性と歩く菊池風磨“蒼太”を目撃…「都合よく使われてる?」

倉科カナ菊池風磨Sexy Zone)がW主演を務めるドラマParavi『隣の男はよく食べる』(テレビ東京系、毎週水曜24:30〜)の第3話が、4月26日に放送される。

原作はデジタルコミック200万ダウンロードを誇り「月刊officeYOU(オフィスユー)」(集英社クリエイティブ)にて連載中の美波はるこによる同名作。長年恋から遠ざかっていた料理上手な独身オトナ女子・大河内麻紀(倉科)の手料理をきっかけに始まる、肉食年下イケメン男子・本宮蒼太(菊池)とのピュアで不器用なムズキュンラブストーリー。年の差ゆえの感覚のずれや葛藤、相手の行動に一喜一憂する主人公の姿が描かれる。

第2話の放送後、ネット上では、麻紀と蒼太のラブシーンに「流れが最高」「ドキドキしかない」「あざとかわいい」などの反響が寄せられた。

<第3話あらすじ>
仕事の帰り道、大河内麻紀(倉科)は本宮蒼太(菊池)が若い女性・寺田千夏(野崎智子)と歩いている姿を目撃してしまう。そんな中、蒼太から「お腹すいた」のメッセージが届き、麻紀は蒼太が自分のことを都合よく使おうとしているのではないかと悩むように……。

結局、蒼太を迎え入れた麻紀だったが、「大河内さんのご飯が好き」と言われてしまう。女性として見られていないと感じた麻紀は、思わず蒼太に冷たい態度をとってしまい……。

画像ギャラリー

PICK UP