倉科カナ“麻紀”、菊池風磨“蒼太”に抱きしめられるも尻込み!?

公開:

倉科カナ菊池風磨(Sexy Zone)がW主演を務めるドラマParavi『隣の男はよく食べる』(テレビ東京系、毎週水曜24:30〜)の第2話が、4月19日に放送される。

原作はデジタルコミック200万ダウンロードを誇り「月刊officeYOU(オフィスユー)」(集英社クリエイティブ)にて連載中の美波はるこによる同名作。長年恋から遠ざかっていた料理上手な独身オトナ女子・大河内麻紀(倉科)の手料理をきっかけに始まる、肉食年下イケメン男子・本宮蒼太(菊池)とのピュアで不器用なムズキュンラブストーリー。年の差ゆえの感覚のずれや葛藤、相手の行動に一喜一憂する主人公の姿が描かれる。

第1話の放送後、ネット上では、蒼太の年下男子特有のかわいさに「たまらない」「かわいすぎ」といった声が。また、麻紀の10年ぶりの恋に「ドキドキが止まらない」「キュンキュンする」といったコメントが寄せられた。

<第2話あらすじ>
35歳、彼氏いない歴10年の会社員・大河内麻紀(倉科)は、隣の部屋に住む年下男子・本宮蒼太(菊池)に助けてもらったことをきっかけに仲良くなる。ある日一緒にご飯を食べることになった2人だが、突然蒼太に抱きしめられる!

恋愛に臆病になっていた麻紀は思わず尻込みしてしまうが、一歩前に踏み出すべく手料理を持って蒼太の部屋へ向かうことに。思い切ってチャイムを押すと、蒼太は麻紀の手をそっと握り引き寄せて……。

PICK UP