Sexy Zone菊池風磨、匿名性が薄れるSNSに焦る!?「どうしよう…水着のお姉さん」

公開: 更新:
Sexy Zone菊池風磨、匿名性が薄れるSNSに焦る!?「どうしよう…水着のお姉さん」

菊池風磨Sexy Zone)と霜降り明星粗品せいや)が世間の賛否分かれるニュースを議論する情報バラエティ『霜降り風磨の賛否アリマス』(日本テレビ※関東ローカル、毎週日曜14:00~)が4月9日に放送。未成年のSNS利用やGWの国内旅行などについて語り合った。

若くして大金を得る人もいる一方で人生を棒に振るリスクもあるSNSは、使い方次第で人生が激変する可能性がある。未成年のSNS利用について賛否が分かれ、ゲストの秋元真夏は「私は“ナシ”です」とキッパリ。「乃木坂46時代、SNSへの投稿を厳しく管理してもらっていたおかげで炎上を防げていた」「(未成年が)自己管理で全部やっちゃうのはまだ危ないんじゃないかな」と話した。そして、29歳の誕生日の際ふざけて「19ちゃいになりました」と投稿しようとした所、事務所から「年齢間違ってるのでダメです」と言われてしまったエピソードを明かした。

菅原智美が「デジタルタトゥーを消せる時代になってきてる」と発言すると、せいやは「消したいですよ!」と前のめりになり興味を示すも、何千万円も費用がかかると知り驚愕。また、この日スペシャリスト枠として出演した弁護士の横粂勝仁は、匿名による誹謗中傷に対して「現実論、(匿名性は)今もう無い」と説明。SNSの匿名性が薄れることでより安心して利用出来るようになると聞いた菊池は「どうしよう……俺、インスタ見るだけのアカウントあるんですけど、水着のお姉さんいっぱいフォローしてるのバレる」と動揺し、笑いを誘った。

その他、通常より高い宿泊料が設定されるGWの国内旅行について、横粂が「日本人はみんなと一緒が落ち着く。(出掛けた先が)混んでいたことも思い出として受け入れる国民性がある」と指摘。すると、菊池は「やっぱり日本人はそうですよね」「みんなと一緒がいいし、日本人してるなぁ~」と笑顔でしみじみ語ると、せいやに「ほっこりしてるな~1人で」とツッコまれる場面も。また、お得で混雑していない“ズラし旅”として関東の3つの穴場温泉地が紹介された。

PICK UP