橋本さとしの渋い芝居が「沁みる!」新感覚飯テロドラマに「ほっこり」

公開:
橋本さとしの渋い芝居が「沁みる!」新感覚飯テロドラマに「ほっこり」

橋本さとしが主演を務める『なにわの晩さん!~美味しい美味しい走り飯~』(ABCテレビ、毎週土曜24:00~)が、4月1日よりスタート。橋本の渋くも温かい芝居に、SNS上では「沁みる!」といった声が見られた(以下ネタバレが含まれます)。

本作の主人公・晩明(橋本)は、「悩める乗客を最高のお店に連れて行く」ことを特技としているタクシードライバー。この日の乗客・近藤(今井翼)は、電話から聞こえる内容からテレビ関係の仕事をしているよう。タクシーに乗るやいなやすぐにパソコンを広げて仕事を始め、ひっきりなしに掛かってくる電話に対応しているのを見て、晩は「大変だな~」とその忙しさに驚く。

そんな近藤はパソコンの充電が切れそうになり、晩に「パソコンの充電も出来て、時間がかからず晩ご飯を食べられるお店」をリクエスト。晩が天ぷらが名物の隠れ家店へ連れて行くと、近藤は「ご馳走する」と晩を誘う。喜んでお言葉に甘えた晩は「何にしようか……」とメニューを選ぼうとするが、近藤は「一番早いの」と勝手に盛り蕎麦を注文。しかも、食べながら仕事をする始末。

我慢ならなかった晩は、パソコンを叩く近藤の手を止めて「食には神が宿る。食事をおろそかにするものは命をおろそかにするものだ」と睨みを利かせる。その言葉を受けて、久しぶりにゆっくりと食事をとった近藤。蕎麦の味を噛みしめ感動しているところに、仕事を急かしていた相手から「企画案を待ってほしい。信用してもらえたら」という連絡が来て、急ぐのをやめて自分も今日は一人でゆっくり過ごすことにするのだった。

SNS上では「飯テロドラマかと思ったけど、ガッツリ人情ドラマだった」「橋本さんの渋い演技が沁みる!」「ほっこりドラマ」「新感覚の飯テロドラマだな」という感想が上がっていた。

次回、第2話は4月8日に放送される。

PICK UP