橋本さとし扮するタクシードライバー、今井翼“テレビ局P”を天ぷらが名物の隠れ家店へ

公開:
橋本さとし扮するタクシードライバー、今井翼“テレビ局P”を天ぷらが名物の隠れ家店へ

橋本さとしが主演を務める『なにわの晩さん!~美味しい美味しい走り飯~』(全4話/ABCテレビ)の第1話が、4月1日(土)24時から放送。第1話ゲストとして、今井翼川畑泰史が出演する。

主人公は、元暴走族の総長? 元レーサー? 謎だらけのタクシードライバー“晩さん”こと晩明(ばん・あきら/橋本)。彼には1つ大きな特技があった。それは、「悩める乗客を最高のお店に連れて行ってくれる」こと。毎話登場するワケあり乗客とのコミカルな会話劇とくいだおれの街・大阪が誇る絶品グルメが続々登場する全編大阪撮影の人情グルメドラマ。

肉吸いや串カツ、きつねうどんなどの「定番の人気グルメ」から、おでん、お好み焼き、天ぷらなど「知られざる逸品」までドラマに登場するのは全て大阪に実在するお店。「見れば必ず行きたくなる!」ドラマそのものが観光ガイドのような側面を持つのも作品の大きな魅力となっている。

<第1話「忙し過ぎる男に夕食を…」あらすじ>
見た目は180cmの大男。笑顔が印象的だが眼鏡の奥から一瞬見える怖い表情が特徴の個人タクシードライバー・晩明(橋本)。

長年のタクシードライバー仲間のツネコ(羽野晶紀)・トー吉(兵動大樹)も冗談話をする仲ではあるが、晩さんの素性は一切知らず。プライベートは謎のベールに包まれている。しかし晩さんには1つ大きな特技があった。それは「悩める乗客を最高のお店に連れて行ってくれる」こと。

ある日の夕方。晩さんが乗せた乗客は30代の男性・近藤(今井)。「急いで新大阪に向かってくれ!」そう言うと近藤は息つく暇もなく座席でパソコンを広げてすぐさま仕事を始める。分刻みで仕事を行うこの男性。話を聞いているとテレビ局のプロデューサーのようだ。電話では部下の仕事ぶりに不満を抱いており、終始イライラしている様子。

そんな時、近藤が使っていたパソコンバッテリーの充電が切れてしまう。慌てふためいた男はドライバーの晩さんに、パソコンの充電も出来て、時間がかからず晩ご飯を食べられるお店に連れて行って欲しいとお願いするが、晩さんが案内したのは提供に30分以上かかる天ぷらが名物の隠れ家店だった! 晩さんの狙いとは一体!?

画像ギャラリー

PICK UP