藤ヶ谷太輔“紘一”、大地真央演じるカリスマ経営者の母からある提案

藤ヶ谷太輔“紘一”、大地真央演じるカリスマ経営者の母からある提案

藤ヶ谷太輔Kis-My-Ft2)が主演を務めるドラマ『ハマる男に蹴りたい女』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)の第9話が、3月11日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

ひょんなことから下宿「銀星荘」の管理人を務めることになった元エリート・設楽紘一(藤ヶ谷)とズボラお仕事女子・西島いつか(関水渚)の恋模様を描く“オトナの一つ屋根の下ラブ”。なお、現在TVerでは第1話が延長配信中。また、制作発表記者会見の様子や前半ダイジェストも配信されている。

前回第8話では、紘一がついにいつかに告白&キスしたシーンが話題になり、「横顔、最強」「かっこいい!」といった声があがっていた。

第9話では、2年前の因縁に気付いた紘一が、1泊2日で出張中のいつかのもとへ! 傲慢な態度で深く傷つけてしまった当時のことを心から謝罪し、ついに「俺は西島いつかのことが……好きだ」と告白。2人は見つめ合い、そっとキスをして――。

ようやく気持ちが通じ合った2人だが、終電を逃した紘一は東京に戻ることができなくなる。しかもホテルは満室で……。焦る紘一だが、「私たち一つ屋根の下に毎日一緒にいますよね」といういつかの言葉で、彼女の部屋に泊まることに! いきなりの急展開にドギマギしながら床で寝ようとする紘一だが、いつかにベッドで一緒に寝ようと言われる。

東京に戻ってきた紘一は、勇気を出していつかをデートに誘う。高級中華料理店で待ち合わせ、何を食べようか相談する2人だが、なぜか突然紘一がいつかを店の外に連れ出そうとする。

すると、バタバタ大慌てする2人の前に、カリスマ経営者で紘一の母・設楽しま子(大地真央)が現れる。テレビで見たことのある有名人が紘一の母だと知って驚くいつかを横目に、紘一はしま子に問われるまま会社を辞めたこと、離婚したこと、現在は下宿の管理人をしていることを話し始める。息子の現状に驚いたしま子は、翌日紘一を会社に呼び出し、ある提案を持ち掛ける。さらに、冷静に痛いところを突いてくるしま子に紘一は……!?

一方いつかは、紘一といると近づきたくなるし触れたくなるのに、なぜ一歩踏み出すことができないのか、そしてなぜ、いまだに「好き」と自信をもって言い切れないのか、自問自答を繰り返す。そんな彼女の様子を心配した香取俊(SixTONES京本大我)に背中を押されたいつかは、紘一に気持ちを伝える決意を固める。

画像ギャラリー

PICK UP