櫻井翔“武蔵”、津田寛治“播磨”を自供させることはできるのか!?

公開:

櫻井翔が主演を務める土曜ドラマ『大病院占拠』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第7話が、2月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

日本が誇る神奈川県内の総合病院「界星堂病院」が、突如、鬼の面をかぶった武装集団「百鬼夜行」によって占拠された。なぜ病院で? なぜ鬼の扮装で? 武装集団の目的とは一体……。命の現場が極限の緊張感に包まれる中、巻き込まれた一人の捜査官・武蔵三郎(櫻井)が立ち向かい、真実を明らかにしていく完全オリジナルのタイムリミット・バトル・サスペンス。また、現在TVerでは、第1話~第3話が延長配信中。

前回第6話では、武蔵が、院長・播磨貞治(津田寛治)が犯した罪を暴くため、ホテルオシマに潜入。青鬼(Sexy Zone・菊池風磨)が指定した時刻までに播磨の罪を暴けなかったにも関わらず、青鬼は播磨を解放。県警の動きが鬼に筒抜けになっていることから、武蔵は警察内部にも「鬼」がいるはずだと疑う。

一方、界星堂病院では、灰鬼(水橋研二)と桃鬼(浅川梨奈)が武蔵裕子(比嘉愛未)の前で面を外して素顔を見せ、鬼となった理由を明かし、人質達をシェルターに避難させる計画を実行。そんな中、病院の地下搬入口の開錠に成功した和泉さくら(ソニン)たちは、ついに偵察班を院内に潜入させる。

そして青鬼が播磨を解放した目的は、カメラの前で武蔵に播磨の取り調べをさせるためだった! 1時間以内に播磨を自供させなければ、取調室は爆発という、衝撃的な結末で幕を閉じ、Twitterトレンドで1位を記録するなど、大いに盛り上がる回となった。

そして第7話「大解除」では、武蔵は爆弾が仕掛けられた部屋で播磨を取り調べるが、播磨は恐怖に震えてまともに話ができない。その頃、鬼たちは病院内に侵入したSISの排除に動き出し、シェルター内の裕子たちはモニターに「ある表記」を見つける。

播磨が一向に口を割らないため焦る武蔵は、爆弾解除の方法を考え始めるが……。備前武(渡部篤郎)が記者会見に向けて動き出す中、籠城を続ける鬼たちを深い悲しみが襲う。さらに、人質内にも「鬼」が――!?

画像ギャラリー

PICK UP