綱啓永演じるデザイナーのスミレ、矢作穂香“人見”をマウント四天王から救う!?

公開:

矢作穂香犬飼貴丈がW主演を務めるドラマL『ひともんちゃくなら喜んで!』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:55~)の第7話が、2月25日、26日に放送される。

天使のような新人人事コンサルタント・人見まもる(矢作)と、悪魔のようなブラック企業社長・佐京紫織(犬飼)。ひょんなことから運命的な出会いを果たした2人が、新人離職率100%の超ブラック企業アパレル会社「ジェットブラック」の大改革に挑むムズキュンラブコメディ。なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話が延長配信中。

前回第6話で、人見は佐京に人事評価制度の導入を提案する。佐京は了承するものの、自身が関わることは拒否。実は、佐京には人事評価制度をめぐり、過去に社員を辞めさせてしまったトラウマがあって……。

<第7話あらすじ>
佐京紫織(犬飼)の言いつけを破り、羊の皮を被ったマウント四天王・常盤舞子(鳴海唯)と接触した人見まもる(矢作)は、人事評価制度の導入を阻もうとする常盤の術中にハマりかけるが、突然現れたカリスマデザイナーのスミレ(美澄レイ/綱啓永)によって救われる。

同僚として常盤の手口を知り尽くした上に人見の危険を察知したスミレは、常盤に人見を追い出したい真意を問いただそうとする。だが追い詰められた常盤は、さっきまでの饒舌ぶりが嘘のように口をつぐんでしまう。

とその時、人見を心配した佐京が駆けつける。手には、ジェットブラックの元社員から入手した常盤を攻略するための重要な記録が握られていた。

画像ギャラリー

PICK UP