紺野彩夏“睦美”、多数の男性と関係&不倫相手宅突撃へ…激ヤバキャラに「ホラー回」

公開:
紺野彩夏“睦美”、多数の男性と関係&不倫相手宅突撃へ…激ヤバキャラに「ホラー回」

山下リオが主演を務める真夜中ドラマ『わたしの夫は―あの娘の恋人―』(テレビ大阪、毎週土曜25:00~/BSテレ東、毎週土曜24:00~)の第6話が、2月18日に放送。ネット上では、暴走を始めた三島睦美​​(紺野彩夏)の過去に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

妻・笹野香織(山下)に出ていかれた拓也(泉澤祐希)が家にいると、突然、睦美がやってきた。彼女は「拓也さんはもう私を選んでるの。私たちは結婚するの」「また来るね。パーパ」と、彼の指輪を外し、その場に落とした。

その後、睦美と拓也が写った裏アカウントの存在を知った拓也。もちろん本人には身に覚えがない。それはあきらかな盗撮であり、睦美が仕組んだものではないか、と考える。

一方、三島恭介(佐伯大地)は、ホテルの一室にて香織に「彼女はもともと私の生徒でした」と、睦美との出会いを明かす。

ある日、大学講師・横木から言い寄られている彼女を目撃し、助けたことがあった。すると、睦美が抱きしめてきて「先生が好き。いつか。絶対振り向いてもらおうと思ってた。なのに、横木先生なんかに触られて……私汚いですよね」「もう死んじゃいたい」とカッターナイフで手首を切った。

「あなたが汚れたとは思いませんが」という恭介に対して「ウソじゃないって証明してください。一度だけ。生きる希望にしたいんです」と睦美がキス。そんな彼女と関係を持ってしまったという。

その後、睦美は休学。すると、横木から、言い寄ってきたのは彼女の方で、何度か関係を持ったことが明かされた。数か月後、お腹が大きくなった睦美が大学にやってきた。「あのとき、先生と愛し合ってできた子ですよ。産んでもいいですよね?」と言われて……。

ネット上では、睦美について「怖すぎ」「ホラー回」「最終的にどうなる?」とのコメントがあった。

次回は2月25日に放送。笹野家でW不倫4人による話し合いが始まる。

なお、現在TVerでは、第1話〜第3話とダイジェスト動画が配信中だ。

PICK UP