日向亘“スペード”、初恋の人の手術を拒否した妻夫木聡“エース”に猛反発!

公開:

妻夫木聡が主演を務める日曜劇場『Get Ready!』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第7話が、2月19日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は多額の報酬と引き換えに手段を選ばず患者の命を救う正体不明の闇医者チームの物語。主人公で孤高の天才執刀医・波佐間永介(通称:エース)を妻夫木、その相棒である交渉人・下山田譲(通称:ジョーカー)を藤原竜也、凄腕オペナース・依田沙姫(通称:クイーン)を松下奈緒、若き万能ハッカー・白瀬剛人(通称:スペード)を日向亘が演じる。現在TVerでは、第1話~第3話に加え、前半ダイジェスト動画なども配信中。

先週放送された第6話は、エースが営むケーキ店の常連客・嶋崎水面(當真あみ)とその父・康弘(鶴見辰吾)を軸にしたストーリーが展開。糖尿病性ケトアシドーシスを患い、余命わずかの康弘は、水面に対して日常的に暴力をふるっていた。エースは手術後の康弘に対し、「今度あの子の笑顔を奪ったら許さない。生きて罪をつぐなえ」と忠告する。そんなエースの優しさに、ネット上では「水面ちゃん大好きじゃん」「エースの優しさ素敵」「水面ちゃん呼びときめく」などの声が上がっていた。

<第7話あらすじ>
スペード(日向)の初恋の人・望月遙(畑芽育)が、校舎から飛び降りて意識不明の重体となった。遙の友人・岡田夏美(池間夏海)は、自殺の原因がクラスメイトからのいじめだったとスペードに伝える。

対立するスペード(日向亘)とエース(妻夫木聡)
対立するスペード(日向亘)とエース(妻夫木聡)

仮面ドクターズに救いを求める夏美だったが、「自ら死を選んだ人間を救う必要はない」とエース(妻夫木)は無慈悲にもオペを断る。猛反発したスペードは、遙を救おうと単独行動を始めるが、そこで思いもよらない真実と向き合うこととなり……。

PICK UP