長濱ねる“巡査長・米光”扮する「コスプレの神」が事件の謎を解くカギに!?

公開:

西島秀俊濱田岳上白石萌歌が出演する『警視庁アウトサイダー』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第6話が、2月9日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

西島が“見た目が極道の元マル暴オヤジ刑事・架川英児”、濱田が“一見さわやかなのに大きな秘密を抱えたエース刑事・蓮見光輔”、上白石が“安定した就職先として警察を選んだ新米刑事・水木直央”というクセの強いキャラクターにふんする前代未聞のミステリー。誰にも言えない秘密を腹の底に潜ませる3人が、自らの思惑のために手を組み、互いに互いを利用しながらさまざまな難事件に挑む姿を描いていく。なお、現在TVerでは、第1話やダイジェスト映像が配信中。

前回第5話では、ドラマ『金田一少年の事件簿』で七瀬美雪を演じた上白石が、金田一一の名台詞を放ち、それに伴ってBGMも同ドラマ風になったことから「美雪がはじめちゃんに!」「本当に面白い」とのコメントがあがっていた。

第6話では、架川が10年前のホステス殺人の手がかりを求め、単身、長野県春蘭市へ。一方、桜町中央署管内では看護師が階段から突き落とされる事件が発生。捜査をはじめた光輔と直央は被害者が事件発生時に握りしめていたアニメキャラクターのアクリルキーホルダーに着目。そのアニメは、コアなファンが多いと評判の『降魔の射手』で、件のキーホルダーもどうやら激レアグッズらしく……!? 

捜査が進む中、『降魔の射手』の主人公になりきった“コスプレの神”が、突如アニメイベントに降臨し、ファンたちに衝撃を巻き起こすという驚きの展開が。予告映像では“神”の顔までは映っておらず、SNS上では「コスプレしてるの誰だろう……」と盛り上がっていたが、その正体がついに判明! 美麗なコスプレ姿を披露するのは、長濱ねる演じる、警務課巡査長・米光麻紀。いったいなぜ米光がコスプレを披露することになったのか!? この米光のコスプレが事件の謎を解くカギに。銀髪の勇者となった長濱の麗しいコスプレ姿は必見だ。

第6話では、大人気刑事ドラマ『はぐれ刑事純情派』で知られる名優、故・藤田まことさんの孫娘で、歌手の花リナ(かりな)がシンガー役でゲスト出演。『警視庁アウトサイダー』では、主演・西島秀俊が同作でデビューしたことから“はぐれ刑事愛”があちこちにちりばめられてきたが、今回の出演はその縁から実現したもの。花リナはドラマ初挑戦ながら劇中で歌声も披露する。

そして、さらなる驚きのゲストも登場。春蘭市に乗り込んだ架川は10年前、人気No.1だったホステス・田並史江(高橋かおり)にたどり着くものの、史江から“ある女性”を捜してくれたらすべて話す、と交換条件を突きつけられてしまい……。史江が捜している女性とは、現在の「コフレ」を背負っている人気ホステス。史江によるとなぜか突然、連絡が取れなくなったらしいが、彼女は一体どこに隠れているのか!?

さらにクライマックスでは、架川、光輔、直央それぞれに“最悪の危機”が襲いかかることに! 三者三様の“正義”を追い、少しずつ真実に近づいていくアウトサイダートリオに待ち受けているものは何なのか――。

なお、アウトサイダートリオの捜査の“内側”で、米光が“ランチ捜査”に大奮闘するスピンオフドラマ『警視庁インサイダー~警務課・米光麻紀のランチ捜査~』が、クライマックスを迎える。

現在、動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、現在、「第1話 あざとい捜査官、出動!」「第2話 頭ポンポンの功罪」「第3話 乙女の過激?な諜報活動」「第4話 恋の捜査線に進展あり?!」が配信中で、第6話放送終了後、最終話となる第5話「米光巡査長とチェリぽくんの絆よ、永遠に」の配信がスタートする。

マスコットキャラクター“ちぇりポくん”(CV・福山潤)の声が突然、聞こえなくなってしまった桜町中央署の警務課巡査長・米光麻紀(長濱)。これまでのようにちぇりポに恋愛相談ができなくなり、寂しくてたまらない。思いあまって、警務課の先輩・麦野美野里(加藤英美里)にこれまでの秘密を打ち明けるが、はたして麦野の反応は?「もう1度だけでいいから、ちぇりポとしゃべりたい!」……そんな米光の切なる願いはかなうのか、そして、最後の美容ランチはいったい何!?

<第6話あらすじ>
10年前、蓮見光輔(濱田)の父・梶間優人(神尾佑)が冤罪に巻き込まれたホステス殺人事件の手がかりを求め、架川英児(西島)は単身、長野県春蘭市に乗り込んだ。その直後、桜町中央署管内では、看護師・今野静香(高橋美津子)が何者かに駅の階段から突き落とされる事件が発生。静香は幸い一命をとりとめたものの、意識不明の状態だった。

光輔、水木直央(上白石)らが防犯カメラを確認したところ、黒のパーカーとマスクで顔を隠した謎の男が静香を押して走り去っていたことが発覚。だが、静香は元入院患者・白土祐吾(七瀬公)も見舞いに訪れるほど同僚や患者から慕われているらしく、トラブルに巻き込まれている様子はなさそうだった。

また、事件発生時、被害者はコアなファンが多いアニメ『降魔の射手』のキャラクターアクリルキーホルダーを握りしめていたが、娘の萌(リコ)によると、静香はアニメにまったく興味がなかったという。ところが、スマートフォンの履歴を調べると、彼女は事件直前、『降魔の射手』のファンが殺された半年前の未解決事件を検索していたことが判明。なぜ静香がその事件を調べていたのか、光輔と直央は関係を探りはじめる。

その頃、架川は10年前のホステス殺人の被害者・歌川チカ(水崎綾女)が勤めていた店「コフレ」を訪れていた。古参のバーテンダー・立石錠(正名僕蔵)の情報から、当時の人気ホステス・田並史江(高橋かおり)の存在にたどり着いた架川。史江は“ある人物”を捜してくれたら、架川の質問に答えると、交換条件を突きつけて……!?

画像ギャラリー

PICK UP