Hey!Say!JUMP中島裕翔、KAT-TUN亀梨和也への感謝を語る「弟役をジャニーさんに…」

公開:
Hey!Say!JUMP中島裕翔、KAT-TUN亀梨和也への感謝を語る「弟役をジャニーさんに…」
最新エピソードを無料視聴

中島裕翔Hey!Say!JUMP)が1月29日に放送された『おしゃれクリップ』(日本テレビ系、毎週日曜22:00〜)に出演。亀梨和也KAT-TUN)から“ある真実”を聞かされた。

中島は10歳でジャニーズ事務所に入所し、1年後に俳優活動をスタート。亀梨主演の人気ドラマ『野ブタ。をプロデュース』(日テレ系)の主要キャラに大抜てきされ、その後も同世代の名だたる役者たちと渡り合ってきた。

これまで関わってきた人物を図解で説明する際には、オンライン英会話仲間として辰巳雄大ふぉ〜ゆ〜)、北山宏光Kis-My-Ft2)、濱田崇裕(ジャニーズWEST)を紹介。3~4年ほど続けており、「全編英語の映画、ドラマ(への出演)。夢のなかの1つにあります」と野望を語る。

『野ブタ。をプロデュース』で共演した亀梨には感謝しているが、「当時亀梨くんが僕に弟役をってジャニーさんに推してくれたって話を聞いて。ちゃんと聞いたことないですね、なんで選んでくださったのかっていうのは」と疑問を抱いたまま。そこで番組は、亀梨を直撃。音声メッセージで、「裕翔の名前を強く挙げたのは覚えてます。数いるジュニアのなかでも光るものを感じましたし、『裕翔、絶対いいよ』って話したのは覚えてます」と真実を届けた。

図解クリップでは、「Hey!Say!JUMP」に対して「居場所」と書き込んだ。「自分がドラマだったり、個人の仕事で忙しくさせてもらってたときに、全然コンサートのことに関われなかったんですよ。そのときに(山田)涼介が、『今はお前は集中して、自分の仕事をやればいいよ。こっちは俺らに任せて大丈夫だよ』って。大変だったことを愚痴れる仲間でもあるし、自分の居場所はここにあるなって、つらいときこそ思いますね」と感謝の意を述べた。

ラストでは、MCの山崎育三郎があるメンバーから預かったサプライズレターを代読。「裕翔へ 喧嘩もしてきたし、しゃべらない時期もありましたが」という冒頭だけで、中島は誰かを察した様子。「涼介じゃないですか?」と予想したが、ラスト1行で“オチ”があり……。

次回は2月5日に放送される。ゲストはぺこぱシュウペイ松陰寺太勇)。

PICK UP