『カジサックのじゃないと!』と『よル~じげ トゥギャザーしようぜ!!』が県をまたいでコラボ!

公開:
『カジサックのじゃないと!』と『よル~じげ トゥギャザーしようぜ!!』が県をまたいでコラボ!
最新エピソードを無料視聴

カジサックのじゃないと!』(KKTくまもと県民テレビ、毎週土曜23:30~)と『よル~じげ トゥギャザーしようぜ!!』(NIB長崎国際テレビ、毎週土曜23:30~)が、県をまたいでコラボレーション。1月14日に放送された『カジサックのじゃないと!』にルー大柴がゲスト出演し、カジサック(キングコング 梶原雄太)と共に熊本ロケを敢行。そして同日の『よル~じげ』では、ロケの裏側を放送。両放送回とも民放公式テレビ配信サービス「TVer(ティーバー)」で配信されている。

カジサックのYouTubeのカメラマンを務めるヤスタケがルー大柴の大ファンだということで、「チャイルドの頃から俺のテレビをウォッチしてたわけだ!」と冒頭から“ルー語”を連発するルー大柴の大サービスに、ヤスタケは「嬉しい!」と大喜び。また、カジサックもルー大柴のことを「好き」だと言うと、「藪からスティック」「根耳にウォーター」など有名な“ルー語”をこれでもかと披露する。

今回、そんなルー大柴と一緒に、サイコロを振って行先を決める「市電サイコロぶらり旅」をすることに。サイコロを振って健軍町にやってきた一行は「お腹空きませんか?」「リトルビット」というやり取りをして、まずは商店街へ。行く先々の店が定休日というハプニングに見舞われるのだが、2軒目の店主にルー大柴がお願いすると、快く開けてくれることに。

ここでも、名物のミートソースパスタを食べて「ワンダフルールールー」という“ルー語”が炸裂したり、野菜を「ベジタブル」と言い直したりと、ルー大柴劇場が止まらない。そんなルー大柴に良いツッコミを飛ばすヤスタケがかつて芸人として活動していたこともあって、カジサックが「『よル~じげ』に呼んであげてくださいよ」と気を利かせるのだが、ルー大柴は「やだよ」と即座に断っていた。

なお、1月21日の『よル~じげ』はカジサックによる長崎ロケの様子が放送され、『カジサックのじゃないと!』で長崎ロケの裏側が放送される。

PICK UP