山崎育三郎、ビビアン・スーと「Timing」コラボでテンパる!?

公開:
山崎育三郎、ビビアン・スーと「Timing」コラボでテンパる!?
最新エピソードを無料視聴

ビビアン・スーが12月11日に放送された『おしゃれクリップ』(日本テレビ系、毎週日曜22:00~)に出演。ブラックビスケッツのヒット曲「Timing」の歌詞は、ビビアンをイメージして作られたことを天野ひろゆきキャイ~ン)が語り、初耳だったビビアンが驚く一幕があった。

VTR出演したブラックビスケッツのメンバーでもある天野は、「日本語がほとんど話せない状態でめちゃくちゃ喋る日本人たちの中に入れられて、自分なりに工夫してバラエティに入ってくるんですよ」と回顧。番組内で自分がわからない会話が繰り広げられ盛り上がっているときに、ビビアンがポケットに忍ばせていたたまごっちを取り出し、急に「うんちした!」と発言し爆笑をかっさらっていくことがあったと明かす。

そんなビビアンを、天野は「努力型」と称し、「自分の話せる日本語の枠の中で、すごく必死に計算してやってたんだと思う」と評価した。

また、「Timing」の歌詞を手掛けた作詞家の森浩美さんは、当初タイミングを合わせる歌を書こうとしていたが、しっくりこず悩んでいたときに、南原清隆ウッチャンナンチャン)が雑談の中で「ビビアンってさ全然流れも関係なくさ、急にボソッと一言いってタイミング悪いんだけどみんなを和ませて笑いになったりするんだよね」と発言したことからヒントを得て、そのまま歌詞に。「だからビビアンの歌なんですよ」と語りかけると、スタジオのビビアンは「びっくりした! 知らなかった! 何で誰も教えてくれなかった?」と驚くのだった。

さらにビビアンのリクエストで、MC山崎育三郎井桁弘恵の3人で「Timing」を踊ることになり……。

SNS上では、「本人は知らなかったの?」「ビビアン可愛い」「努力の人」といったコメントが。また、3人のコラボダンスでの山崎に「いっくんがテンパってる」「アタフタいっくん」などの反響が上がった。

次回12月18日の放送には、デヴィ夫人が出演する。

PICK UP