平野紫耀“黒崎”が扮したホスト風の男の言動にファン大興奮「貢ぎたい」

公開:
平野紫耀“黒崎”が扮したホスト風の男の言動にファン大興奮「貢ぎたい」

平野紫耀King & Prince)が主演を務める金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第8話が、12月9日に放送。黒崎高志郎(平野)がターゲットの宇佐美(津田健次郎)に近づくため、ホストのような格好で宇佐美の妻・怜華(高田里穂)に接触。色恋を餌に暗躍する“アカサギ”顔負けの、黒崎の言動にSNSは大盛り上がり。Twitterでは、「#クロサギ」が日本と世界のトレンドで上位に入る反響となった(以下、ネタバレが含まれます)。

詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ・黒崎は、牛山彩子(山口紗弥加)から、ひまわり銀行の役員・宝条兼人(佐々木蔵之介)には“宝条帝国”と呼ばれる裏金作りのための資金源がいくつもあることを知らされる。そして、その中の一つである医療法人の理事長・宇佐美をターゲットに定める。

宇佐美に近づくために妻・怜華への接触を試みる黒崎は、彼女好みの“金持ちホスト風の男”に扮して近づき、「焦らなくても、ゆっくり知り合えばよくない?」や「金が欲しいんでしょ? だったら、いい方法があるよ」「もう少し自分を信じてあげたほうがいいよ」といった言葉であっという間に心を掴み、彼女の協力を得て宇佐美を追い詰める。

これまでのテイストとは違った派手なタイプの男性に変身した平野の役どころに、SNS上では「黒崎くんかっこよすぎ」「彼に貢ぎたい」「永久保存版です」といった興奮気味の声があふれた。また、ターゲットの宇佐美を演じた津田にも「悪い津田さんもいい」「かっこいい」「悪っぷりが楽しかった」といった反響も見られた。

次回第9話は、12月16日に放送。宝条に存在を突き止められた黒崎が決死の闘いへ身を投じる。