高橋文哉​​“弾”、本田翼“あす花”を肯定するパワーワード連発に「推せる」

公開:
高橋文哉​​“弾”、本田翼“あす花”を肯定するパワーワード連発に「推せる」
最新エピソードを無料視聴

本田翼が主役を務める火曜ドラマ『君の花になる』(TBS系、毎週火曜22:00~)の第7話が、11月29日に放送。ネット上では、仲町あす花(本田)を肯定する佐神弾(高橋文哉)に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

池谷幸次郎(前田公輝)から、教師時代のあす花の話を聞いた8LOOM。弾は、彼女が何に傷つき、苦しんでいたのかを知った。

以前より準備を進めていた「あすぴょん(あす花)感謝デー」の日がやってきた。8LOOM​がプレゼントや寄せ書きを渡すと、あす花は笑顔で喜ぶ。そんな中、あす花は寮母になったときに、みんなを応援し、自分を好きになって、自分に花丸をつけようとしていたと回顧。配信で聴いた新曲に背中を押されて、前職の学校の正門まで向かったが、ダメだったという。

メンバーが神妙な面持ちになると、あす花は「何、いつまでもウジウジしてんだ。バーカって話だよね」と取り繕う。しかし「バカなんかじゃねーから。てか、無理して花丸なんてつける必要なくね? 三角とか丸で何がダメなんだよ」と弾。“花丸”のために、傷ついて乗り越えることなんてしなくていい、とし「あんたに花丸なんかついてなくても、俺にとってあんたはずっとずっと最高だから」と告げた。

パーティー終了後、屋上にいるあす花のもとに向かった弾は、彼女の手をとり「俺、あんたが好きだ」と告白。あす花の手に花丸を描き「自分で無理に花丸つけることないし、俺は花丸じゃなくていいって思ってるし、でもあんたは最高だから。あんたに花丸つけたい」と話した。

ネット上では、弾の告白に「最高」「ドキドキ止まらない」との声が。あす花を肯定してくれる彼にも「推せる」「優しくて温かい」とのコメントがあった。

次回は12月6日に放送。8LOOM初の全国ライブツアーが決定する。なお現在TVerでは、1話~4話までのストーリーをまとめたダイジェスト動画が配信中。

PICK UP