岡田将生“歩”、六平直政演じる元ボクサーのパンチを食らいノックアウト寸前!?

岡田将生“歩”、六平直政演じる元ボクサーのパンチを食らいノックアウト寸前!?
最新エピソードを無料視聴

岡田将生が主演を務める木曜ドラマ『ザ・トラベルナース』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)第6話が11月24日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

手術場で医師を補助し、一定の医療行為を実施できる看護資格「NP(=ナース・プラクティショナー)」を持つ、一見感じが悪いけどアメリカ仕込みの優秀なナース・那須田歩(岡田)。そして、柔らかすぎるほどの物腰なのに、ここぞという場面では痛烈な一言で理不尽な体制や思想を一刀両断する謎多き嘘つき(!?)スーパーナース・九鬼静(中井貴一)。熱き哲学を持った2人の“優秀&変人”トラベルナースが、患者ファーストで医療現場を改革していく痛快医療ドラマ。脚本は中園ミホ。現在TVerでは、「3分で分かる!前半ダイジェスト」が配信中。

第6話では、歩&静が元ボクサーの患者・六川源太(六平直政)を相手に、スパーリングを展開。公開されたシーン写真でも、凛々しい表情&なかなか様になっているフォームでミットを構えている歩&静。しかし、歩が目元にパンチを食らってしまい、ノックアウト寸前(!?)の状態に追い込まれ……。

冒頭からハラハラドキドキの展開を見せる第6話だが、事件はまだまだ続く。これまでも慢性的に人手が足りず、激務を強いられていた「天乃総合メディカルセンター」のナースたち。ところが、経営第一主義を貫く院長・天乃隆之介(松平健)はナースたちの事情など我関せず。ただでさえ少ない夜勤の看護師数をさらに減らすと、看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)に宣告する。

病院の決定を覆すことができず、疲弊するナースたちにどう伝えるべきか、ひとりで頭を悩ませる塔子。しかもそこへ、彼女のリーダーとしての資質、さらには劣悪な労働環境に疑問を抱いたナースたちの不満が爆発! 金谷吉子(安達祐実)を筆頭にナースたちが立ち上がり、病院に対して抗議の反乱を起こすことに。そんな中、塔子が病院をクビになるという、予期せぬ事態まで発生し……。

白衣の“戦士”たちの反乱で荒れに荒れる「天乃総合メディカルセンター」。はたして彼女たちに勝機はあるのか――自らの未来を左右する局面に立ったナースたちの戦いの行方に注目だ。

また、前回放送の第5話のラストでは、これまで折に触れて“ただ者”ではないことを予感させてきたスーパーナース・静の正体がついに判明。ほかでもない、歩を「天乃総合メディカルセンター」に派遣している「フローレンス財団」の理事長であることが明らかになり、視聴者を仰天させた。

第6話ではラストに向けて、静の身にまさかの異変が! 彼がひた隠しているさらに重大な事実が、新たに発覚する。

<第6話あらすじ>
相変わらずの人手不足で、看護師たちが激務に追われている「天乃総合メディカルセンター」。ところが、経営第一主義の院長・天乃隆之介(松平)と事務長・西千晶(浅田美代子)は看護部長・愛川塔子(寺島)を呼び出し、ただでさえ少ない夜勤の看護師数をさらに減らすと告げる。いつもは彼らに頭の上がらない塔子も今回ばかりは異論を唱えようとするが、案の定あっさり押し切られてしまうことに。この非情な決定をどう看護師たちに伝えるべきか――塔子はひとり頭を悩ませる。

その矢先、元ボクサーの患者・六川源太(六平)が「歩ちゃ~ん」と連呼しながら、院内を徘徊し始める。実は、六川は軽度の認知症なのだが、いつもスパーリングの相手をしてくれるトラベルナース・那須田歩(岡田)の名前だけはしっかりと覚えているのだ。歩は取り掛かっていた作業を中断し、六川とスパーリングを開始。だが、よりによって目元にパンチを食らってしまう。塔子は歩の担当業務をいったん割り振ろうとするが、手一杯の看護師たちから次々と断られてしまう。

精神的にも体力的も限界に達しつつある中、それでも「みんな頑張っているから」と己を奮い立たせる塔子。謎のスーパーナース・九鬼静(中井)はそんな彼女にそっと寄り添い、今にも壊れそうな心を救おうとする。ところが、他所から夜勤人数の削減策を聞きつけた看護師・森口福美(野呂佳代)が、塔子に詰め寄ったことで状況は悪化! 優柔不断な塔子の“リーダーとしての資質”に疑問を抱いた看護師・金谷吉子(安達)も、塔子をきつく責め立てる。

そんな中、六川が病室で暴れだし、天乃院長たちから責任を問われた塔子がついに“退路を断たれる事態”へと追い込まれることに! 一方、静の身にも“とてつもなく不穏な影”が忍び寄り……。

PICK UP