平野紫耀“黒崎”、坂東彌十郎“御木本”を追い詰めた迫真の演技に「惹き込まれる」

公開: 更新:
平野紫耀“黒崎”、坂東彌十郎“御木本”を追い詰めた迫真の演技に「惹き込まれる」

平野紫耀King & Prince)が主演を務める金曜ドラマ『クロサギ』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第5話が11月18日に放送。ネット上では、黒崎高志郎(平野)の迫真の演技に注目があつまった(以下、ネタバレが含まれます)。

詐欺師を騙す詐欺師=クロサギ・黒崎は、父を騙した大物詐欺師の御木本(坂東彌十郎)を追って上海へ。上海の詐欺業界でしのぎを削り合っている2つのマフィアを巻き込み、海を越えてなお届く詐欺界のフィクサー・桂木敏夫(三浦友和)の思惑に翻弄されながらも、命を懸けて立ち向かい御木本を追い詰めることに。

後がなくなった御木本は「お前の仇は、俺で終わりじゃない。後は自分で探せ」と最後まで黒崎を揺さぶりつつ、自死。土砂降りの雨の中、複雑な思いを抱えた黒崎は、家族が幸せだった時や悲惨な結末を迎えた時の記憶を思い出しながら、泣き崩れた。

ネット上では、平野の演技について「平野くん演技上手い。最後の泣いてるシーン辛い」「迫真の演技で惹き込まれる」「平野くんの泣き演技でもらい泣きした」といったコメントが続出。また、作品自体の完成度の高さに「一本の映画を観てるよう」「映画化して欲しい」といった意見が溢れた。

さらに放送後には、「#クロサギ」がTwitterの日本トレンド1位に。他にも 「#平野紫耀」をはじめ、番組関連ワードがトレンドに並んだ。

次回第6話は、11月25日に放送。黒崎の次なる闘いが幕を開け、佐々木蔵之介演じる新たな強敵が登場する。

PICK UP