玉森裕太“諏訪野”、がん患者から手術を拒否され困惑

玉森裕太“諏訪野”、がん患者から手術を拒否され困惑

玉森裕太Kis-My-Ft2)が主演を務める土曜ドラマ『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第2話が、10月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

患者のすべての情報が書き込まれているといっても過言ではない診療録“カルテ”。研修医・諏訪野良太(玉森)が研修先の様々な科で「人の顔色を読む」という特技と、カルテを読み解くことによってそれぞれに問題を抱えたワケありの患者たちと真摯に向き合い、彼らの抱えた秘密を見破るハートウォーミング・ミステリー。

前回放送の第1話では、患者の心の内を読み取り、優しく接する諏訪野に「心に響く」「白衣姿たまらない」といった感想がSNS上に寄せられた。

第2話では、新たな研修先である外科で、院内の誰もが一目置く優秀な外科医である指導医・冴木真也(椎名桔平)に必死についていく諏訪野。しかし、諏訪野を待っていたのは長時間の手術、焼き肉、長時間の手術、ステーキ、長時間の手術……という外科特有のループ! 外科ならではのハードな毎日にぐったりする諏訪野だが、胃がんと診断された老齢の患者、近藤玄三を担当することになる。

一方、院内をうろつく腎臓内科の患者・沙智(豊嶋花)の様子が気になる曽根田みどり(池田エライザ)。何をしているか問いただすと、「今日、何人死んだかを数えている」と言い放つ彼女に、みどりは――!?

さらに、特別映像として本編撮影の裏側を追った見どころメイキング映像が解禁。第1話メイキング映像集では、先日の放送の際に話題になった「コード・ブルー」のシーンといった撮影現場の裏側、さらに、第2話のメイキング映像集では本編の見どころとなるシーンの裏側が公開されている。

<第2話あらすじ>
諏訪野良太(玉森)の新たな研修先は外科。長時間の手術、焼き肉、長時間の手術、ステーキ、長時間の手術……という外科特有のループにぐったりする諏訪野だったが、院内の誰もが一目置く優秀な外科医である指導医・冴木真也(椎名)に必死についていく。

諏訪野と冴木は、胃がんと診断された老齢の患者・近藤玄三に手術の説明をする。冴木が「腹部を切ることなく内視鏡を使った粘膜切除だけで完治する」と告げると、同席する娘・幸子と孫・真緒は安堵し、再来週には80歳になる近藤も「先生方に任せておけば大丈夫だ」と内視鏡手術に前向きな姿勢を見せる。そのまま入院することになった近藤のベッドは、同じく癌を患っているらしい若宮悟志の隣になった。

翌日、諏訪野が病室を訪れると近藤の姿はなく、検査前の若宮がジュースを飲んでいた。諏訪野が注意すると、若宮は「だって俺、人の好意をむげにできないのよ」と訳の分からないことを言う。そこに近藤が思い詰めた表情で戻ってきて、突然……「手術をやめる」と言い出すのだった。困惑する諏訪野が理由を聞くと、近藤は一言、「これは癌じゃないからです」。

諏訪野は外科のカンファレンスで、近藤が手術を拒否していることを報告。外科部長らは「民間療法の業者に何か吹き込まれたのかもしれない」と臆測を立て、なんらかの処置を諏訪野に求める。答えに窮する諏訪野だったが、冴木のフォローによってカンファレンスを乗り切るのだった。

近藤はその後も「これは癌じゃない」の一点張り。このまま癌を放っておいたら2、3年で亡くなる可能性が高いというのに、手術を強制することもできず、諏訪野は複雑な心境に。

そんな中、曽根田みどり(池田)は、病院をうろつく沙智(豊嶋)の様子が気になる。何をしているか問いただすと、沙智は「何人死んだかを数えている」と言い放つ。そんな沙智に、みどりは――。

そしてその夜、近藤と若宮は外科のスタッフステーションに忍び込み、こっそりパソコンを操作し始めて……。

画像ギャラリー