アンタッチャブル山崎に「マツケンサンバ」の振付師が「会いたかった」

公開: 更新:
アンタッチャブル山崎に「マツケンサンバ」の振付師が「会いたかった」
「ロンドンハーツ」を見る

10月11日に放送されたロンドンブーツ1号2号田村淳田村亮)の冠バラエティ『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系、毎週火曜23:15~)で、山崎弘也アンタッチャブル)が「マツケンサンバ」の振付師である真島茂樹から再び告白された。

今回は「ピンポイントさんいらっしゃい!!」と題して、今あえて聞きたいことを1つだけ質問する企画。最初に登場したのは、2009年頃にホームレス漫画家としてブレイクした浜田ブリトニー。かつては「イエガネーゼ」(家がない)で、ネットカフェで寝泊まりしていたため、質問は「今、どんな家に住んでる?」。

スタジオゲストの山崎が「ちょこちょこニュースは入ってきてた。子供が産まれたとかは知ってる」と漏らすと、有吉弘行は「だいぶ好きだね」と追及。山崎は、「1回ゴルフ回ったことがある。ブリちゃんが1人目産まれたときは、お祝い贈ったり」と意外な交友を明かした。登場した浜田は現在、「新宿区の30階以上のタワーマンションに住んでいる」と言う。「生活も安定してて、会社もお店も近くにあるんで、すごい優雅な生活してます」と、飲食店など8つの事業を展開する会社の代表取締役社長になっていた。家族と過ごす2LDKのタワマンに、「来てくださいね、おうちに」と山崎を誘うサービス精神も忘れなかった。

最後に登場した真島は、14年に放送された同番組の名物企画「ラブマゲドン」で山崎を第1希望にして、好意を寄せていた。質問は、「まだ華麗に踊れる?」。登場するや、足を上げて踊って現役であることをアピールする真島は、「山崎さんに会いたかった」と“再び”告白。有吉から「何もなかったんですか? あのあと」と聞かれた山崎が、「それは言えません」と答えると、真島も「それはね……。ねぇ」と含みを持たせた。

有吉から「今コロナ禍で日本が元気ないんですけど、どうしていったらいいんですかね?」とざっくり聞かれた真島は、「去年のオリンピック・パラリンピックの後に、なんで『マツケンサンバ』やらなかったんだって声が出たのね」と真面目に答え、「踊るとワクワクしてくんの。みんなにレクチャーして。特に山崎さんにね」と、スタジオの全員で「マツケンサンバII」を踊ることになった。

次回は10月18日に放送。「若手時代のネタ-1GP」でアンガールズ田中卓志山根良顕)、FUJIWARA藤本敏史原西孝幸)、めるる(生見愛瑠)、山崎が出演。

PICK UP