横浜流星、友達のことを心配し「北海道まで会いに行った」ことを明かす

公開:
横浜流星、友達のことを心配し「北海道まで会いに行った」ことを明かす
最新エピソードを無料視聴

横浜流星が、10月9日に放送された『おしゃれクリップ』(日本テレビ系、毎週日曜22:00~)に出演。高校時代の同級生がVTRで出演し、横浜が「北海道にわざわざ会いに来てくれた」ことを明かす一幕があった。

山崎育三郎井桁弘恵がMCを務める同番組は、「おしゃれ」を通してゲストの知られざる個性や人生観に迫るトーク番組。今回は、横浜の“裏の裏まで知る親友”ということで高校時代の同級生2人がスタジオに登場。山崎が「(横浜は)クラスでどういう存在」だったのかを聞くと、友達は「1年生の時は、おかしかったですね。変な言葉をずっと言ってた」と暴露。山崎と井桁が「変な言葉をずっと言ってた⁉️」と驚いた様子を見せると、横浜が「しょぷ しょぷぅ」という謎の言葉を発していたことが明かされる。さらに横浜は、その謎の言葉を授業中に発した後「“俺は言ってないよ“って感じで隠れて」いたそう。井桁に「なんでやってたんですか?」と聞かれると、横浜は「スリルを味わいたくて」と回答していた。

さらに、同じく高校の同級生で俳優としても活躍する三原大樹がVTRで登場。三原は父の病状が悪化してしまったことを機に北海道に帰ることを決意したそう。そんな三原は「(横浜が)北海道にわざわざ、忙しいのに家族に会いに来てくれた」と明かす。山崎が「どういう思いで?」と質問すると、横浜は「心配になるし、お父さんにも会いに行きたい」という思いだったと語った。

最後に、山崎から「流星にとって(友達は)どういう存在ですか?」と聞かれると、横浜は「いなきゃ自分を保てなくなる」必要な存在だと明かした。

SNS上では、横浜に対し「なんて優しいの!」「友情を大切にする姿に泣ける!」「男の友情が素敵だった!」との声があがっていた。次回は10月16日に放送される。王林が登場し、壮大な将来の夢を語る。

PICK UP