眞島秀和“恭一郎”と長尾謙杜“健太”、入れ替わったまま御前会議とサッカーの試合へ

公開:

TBSスター育成プロジェクト『私が女優になる日_』で初代グランプリに選ばれた飯沼愛が主演を務め、長尾謙杜なにわ男子)と眞島秀和が出演するドラマ『パパとムスメの7日間』(TBS、毎週火曜24:58~※関東ローカル)の最終話(第8話)が、9月13日に放送される。

事故に巻き込まれ、お互いの人格が入れ替わったパパ・川原恭一郎(眞島)とムスメ・川原小梅(飯沼)が元に戻れる日を信じて奮闘する従来のストーリーに加えて、意中の大杉健太先輩(長尾)と結ばれたい小梅と、健太先輩にムスメを奪われたくない恭一郎、そして小梅より恭一郎の性格に惹かれているかもしれない健太先輩という、“パパとムスメとカレ”の奇妙な三角関係ラブコメディ。なお、入れ替わった後の人物名を【〇〇】と表記する。

先週放送された第7話では、小梅は元に戻るも、今度は恭一郎と健太が入れ替わってしまうストーリーが展開された。ネット上では、健太【恭一郎】が鼻を伸ばしたり、キザになったりする場面に​​​​「爆笑した」「可愛い」の声が。また、恭一郎【健太】を担う眞島​​の演技力には​​「爆イケ」「演じ分けすごい」​​との声があった。

<最終話あらすじ>
川原小梅(飯沼)の奮闘も虚しく、川原恭一郎(眞島)と大杉健太先輩(長尾)は入れ替わったままだった。そしてついにやってきた、御前会議とサッカーの決勝戦。戻れないものは仕方ないと、恭一郎【健太】と健太先輩【恭一郎】は気持ちも新たに熱い握手を交わす。だが、その瞬間突然空がピカッと光り……。

最終話シーンカット
最終話シーンカット

健太先輩がサッカーの決勝戦へ向かう一方で、恭一郎は遅れながらも御前会議が行われている役員会議室に飛び込む。御前会議はすでに終わったと告げられるが、恭一郎は覚悟を決めて社長に自分の思いを打ち明け始めるのだった。

最終話シーンカット
最終話シーンカット

そして、健太先輩が出場する決勝戦も延長の末、PK戦に持ち込まれ、健太先輩のシュートが決まれば優勝という大事な場面。小梅と会議を終えて駆けつけた恭一郎【健太】が必死に祈る中、シュートの行方は!? そして小梅と健太先輩が迎える恋の結末は……。

画像ギャラリー

PICK UP