とろサーモンも唖然!多重債務系パチンコ依存男性が2万円を借り失踪!?

公開:
とろサーモンも唖然!多重債務系パチンコ依存男性が2万円を借り失踪!?
最新エピソードを無料視聴

とろサーモン久保田かずのぶ村田秀亮)が冠MCを務める『とろサーモンのクズメンタリー』(KBC)が、9月4日に放送。多重債務系パチンコ依存クズの密着で、2万円を貸して失踪されてしまうというエピソードが紹介された。

クズ芸でおなじみのとろサーモンとクズ属性を持つディレクターがタッグを組んだ、モニタリング番組。街角で“クズ”な人々を見つけ出し、「自分もクズだ」と思う視聴者に「自分のほうがまだマシだ」と癒されてもらおうという、非常に後ろ向きなコンセプトの番組。

週3回のキャバクラ通いやBarで知り合った女の子のために財布などを貢ぎ、消費者金融から150万円の借金がある借金系クズの松本ディレクター(以下、D)は、お金に困っているクズを探すべく、福岡県・大橋のパチンコ店前で待機。ギャンブル後に落ち込んだ表情をした人にターゲットを絞り、闇金踏み倒し系ギャンブル依存症クズの男性(30)に出会う。

前日に職を失ったうえ、今月だけで30万円負けているという男性は、番組からの協力金1万円で密着取材を許可。現状を知るため松本Dが自宅へついていくと、借金の総額は213万円で、所持金は2000~3000円、さらにアパートも家賃滞納のため5日後に強制退去になることを打ち明ける。

そこで松本Dは、職探しを手伝うことに。深川カメラマンから、なぜそこまでするのかを尋ねられた松本Dは、「同じ借金持っとる同士頑張ってほしいなって」「1人の力より2人の方がやっていけるかな」と応援する理由を明かす。そして男性が見つけてきた派遣会社の本社が名古屋にあり、本社まで行けば寮など提供され仕事も用意してもらえると相談された松本Dは、その足でATMへ。名古屋までの高速バスが1万8000円だと聞いたことから、男性に2万円を手渡す。

そんな松本Dの厚意に涙を流す男性。VTRを見たとろサーモンの2人も「めちゃくちゃええやん」と感動したのもつかの間、深川カメラマンは「絶対パチンコ行くと思う」と男性に猜疑心を向ける。案の定、自宅に帰ったはずの男性は原付に乗りどこかへ。後を追いかけるも見失い、携帯もつながらなくなってしまい……。

PICK UP