綾野剛“新町”、担当するベテランバスケ選手がまさかの大ケガ

新町亮太郎(綾野剛)、新垣和人(浅利陽介)
最新エピソードを無料視聴
新町亮太郎(綾野剛)、新垣和人(浅利陽介)

綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第6話が、8月7日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

サッカー以外のスキルや経験が何もなくどん底に追い込まれた主人公・新町亮太郎(綾野)が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズで知られる福田靖が脚本を担当する。

先週放送された第5話は、新町が城拓也(中川大志)とタッグを組んでフェンシング選手の三咲麻有(當真あみ)の獲得に乗り出すが、人見知りな三咲は城の提案に何かとNGをつける……というストーリーが展開。ネット上では城が「ビクトリー」の社長・高柳雅史(反町隆史)に対して、自分の意見を述べるなど殻を破ったシーンに、「最高にカッコよかった」「胸を打たれた」「感動した」との声が。また、三咲役の當真に対しても「めちゃくちゃかわいい!」「いい女優さんになりそう」「ブレイクしそう」といったコメントが寄せられた。

<第6話あらすじ>
「ビクトリー」の正社員になった新町亮太郎(綾野)が初めて担当するのは、バスケットボール選手の新垣和人(浅利陽介)。ベテランの新垣は、家族のために、所属するBリーグの千葉ジェッツから琉球ゴールデンキングスへの移籍を希望。新垣の実力から移籍はほぼ確実だったはずが、練習中にまさかの大ケガ。キングスとの交渉は暗礁に乗り上げ、契約切れとなるジェッツに戻ることもできなくなった。

一転して、引退の危機に追い込まれた新垣。社長の高柳雅史(反町)もマネージメント解消を考え始める。しかし、新町だけは、どうしても諦められない。かつて自身も現役時代に大ケガを経験していたからだ。新町は高柳に「自分が新垣の戻る場所をみつける」と言い切る。そんな矢先、新町は新垣から衝撃的な報告を受ける。

新町泉実(稲垣来泉)、新町亮太郎(綾野剛)
新町泉実(稲垣来泉)、新町亮太郎(綾野剛)

PICK UP