綾野剛“亮太郎”×オラオラ横浜流星“矢崎”のやりとりに胸熱「最高でした」

綾野剛“亮太郎”×オラオラ横浜流星“矢崎”のやりとりに胸熱「最高でした」

綾野剛が主演を務める日曜劇場『オールドルーキー』(TBS系、毎週日曜21:00~)の初回25分拡大SPが、6月26日に放送。ネット上では、サプライズゲストと綾野のやりとりに感動の声が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

サッカー以外のスキルや経験が何もないどん底に追い込まれた主人公が、一生懸命に新たな目標に向かって生きるヒューマンドラマであると同時に、もう一度娘が誇れる父親になるために37歳の新人が奮闘する家族再生の物語。『HERO』シリーズや『海猿』シリーズで知られる福田靖が脚本を担当する。

日本代表で活躍した新町亮太郎(綾野)は37歳になった今もなお、現役選手としてJ3「ジェンマ八王子」​​に所属していた……が、チームが突然解散に! しかし亮太郎は、まだ自分を使ってくれるチームがあるだろうと楽観的だった。​​高柳雅史(反町隆史)が社長を務めるスポーツマネージメント会社​​「ビクトリー」に代理人交渉を依頼するが、自分をほしいというチームは見当たらず、亮太郎は引退を余儀なくされてしまう。

新町亮太郎(綾野剛)、高柳雅史(反町隆史)、深沢塔子(芳根京子)
新町亮太郎(綾野剛)、高柳雅史(反町隆史)、深沢塔子(芳根京子)

住宅ローンやまだ幼い娘たちの教育費を稼がなければならない亮太郎はハローワークに行き、一般的な企業に就職するも、サッカー以外やってこなかった亮太郎は大苦戦。せっかく就いた仕事もクビになってしまう。そんな中、ひょんなことから再会した​​高柳に誘われ、「ビクトリー」で働くことに。

亮太郎は、深沢塔子(芳根京子)のフォローをすることに。今回、交渉にあたるのは、ドイツで活躍するサッカー選手で、亮太郎の出身高校の後輩・矢崎十志也(横浜流星)。日本滞在中のサポート​​をするべく、さまざまな提案をしていくが、彼は無理難題を押し付けてくる。さらに、塔子に「ビジネスだから。お互いプロの仕事をしよう。な?」と強い口調をぶつけてきた。

新町亮太郎(綾野剛)には2人の娘が
新町亮太郎(綾野剛)には2人の娘が

なぜ矢崎の機嫌をとらなければならないのか……プライドが邪魔をする亮太郎。妻の果奈子(榮倉奈々)に一喝され、自分を奮い立たせた。一方、矢崎のワガママは止まらない。最終的に「ビクトリーさんはなしってことで」と亮太郎と塔子は追い出されてしまう。

ある日、マネージメントの仕事として元プロ野球選手が営む焼肉店を手伝っていると、個室に矢崎がいた。彼は「俺のことわがままだと思ってんでしょ」という。そこで彼の真意が明かされる。後日、亮太郎は、矢崎にもう一度、元サッカー選手の視点ならではのプレゼンを行うことに。熱い思いをぶつけると「いい仕事見つけましたね。新町さん」と返ってきて……。

矢崎十志也(横浜流星)
矢崎十志也(横浜流星)

ネット上では、矢崎を演じた横浜のサプライズ登場に「魅力的すぎる」「オラオラ流星最高」の声が。また、亮太郎と矢崎のやりとりには「最高でした」「素晴らしい」との反応があった。

次回第2話は7月3日に放送。亮太郎は、塔子と組んで9歳のスケートボード選手・牧村ひかりの獲得を任される。​​

PICK UP