イモトアヤコ、不思議な甘味を感じるミナミコメツキガニを試食「怖いんだけど」

公開:
イモトアヤコ、不思議な甘味を感じるミナミコメツキガニを試食「怖いんだけど」
最新エピソードを無料視聴

イモトアヤコが、7月3日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系、毎週日曜19:58〜)に出演。「珍獣ハンターイモトジャパンツアー in 沖縄県」で、同番組1年半ぶりとなるロケに臨んだ。

まずは古宇利島で、水中の岩を使ったラグビー「ウォーターロックラグビー」に挑戦するが、水中といえど30kgもの岩にイモトは悪戦苦闘。地元の人々の配慮によって、イモトが岩を持っている間だけ誰も攻撃してこず、イモトが離れるたびに激しい試合が再開されるシュールな状況が生まれる。

沖縄本島の中部に位置する潟原干潟では、食べると不思議な甘味を感じるという「ミナミコメツキガニ」を素揚げにして試食。食べて数秒後に甘味が押し寄せ、その後飲んだ水やブラックコーヒー、さらに苦いゴーヤまでも甘く感じるという異様な状況に「大丈夫? これ」「いつ治るの? この甘さは」「怖いんだけど」と驚く。

その後、珍獣ハンターとしての勘を取り戻すべく、ハブ捕りに挑戦することに。「嫌だよハブは」と怖じ気づくイモトだが、「『母は強し』とか言うじゃないですか」というスタッフの言葉に、「確かに言うな」と納得。「日々のやる事が多いから、ちょっとの事とかは気にしなくなりましたよ」といい、「じゃあハブもいけるかな?」と期待。40年のキャリアを持つ地元の名人に協力してもらい、真夜中のハブ捕りへ出かける。

出発からまもなく、名人は無毒のヘビを発見。イモトの前に差し出すが、イモトは「イヤァアアアアア!」と絶叫し、近づくことすらできない。なんとか名人のアシストで捕獲に成功するも、その後すぐにハブを発見し、イモトはまたしてもパニック状態になる。

捕まえたハブをイモトに見せながら、「ヌルヌルしているのか、すべすべしてるのか、実際に触ってみなさい」と名人。長いブランクを経たイモトは、以前のように触ることができるのか……?

PICK UP