小日向文世&古川雄輝のコンビに注目『嫌われ監察官 音無一六』スタート

小日向文世&古川雄輝のコンビに注目『嫌われ監察官 音無一六』スタート
最新エピソードを無料視聴

小日向文世が主演を務める金曜8時のドラマ 『嫌われ監察官 音無一六』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~※初回は2時間スペシャル)が、5月6日(金)からスタート。そして、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

2013年に第一弾が放送され、全6回のスペシャル放送を経て、金曜8時のドラマ枠で待望の連続ドラマ化。どんなに嫌われようとも監察官としての自分の信念と正義を貫く、音無一六(小日向)が帰ってくる。

今作から、新レギュラーキャストに古川雄輝が決定。警察の中でもトップクラスの役職につく副総監・四堂孝文の息子であり、若くして巡査部長を務める四堂厘太郎を演じる。“副総監の息子”という立場で、同僚の刑事たちからは煙たがられながらも“市民に信頼される警察を作る”をモットーに、一六の新たな相棒として難解な事件に挑んでいく。

<第1話あらすじ>
監察官とは“警察の中の警察”という異名を持つ、警察内部のあらゆる不正を取り締まる者たちのこと。警視庁警務部長の千住遼子(田中美佐子)の指示のもと、身内を厳しく監察する音無一六(小日向)は、職務を忠実に全うするがゆえ、特に嫌われている監察官だ。

警視庁警務部長の千住遼子(田中美佐子)
警視庁警務部長の千住遼子(田中美佐子)

現在はまったく見た目が似ていないタクシー運転手の弟・万丈二六(遠藤憲一)と同居している。

タクシー運転手の弟・万丈二六(遠藤憲一)
タクシー運転手の弟・万丈二六(遠藤憲一)

ある夜、玩具コレクターの射殺体が見つかり、その捜査本部に一六は「特別監査」として加わったのだが……。

四堂厘太郎(古川雄輝)、音無一六(小日向文世)
四堂厘太郎(古川雄輝)、音無一六(小日向文世)

画像ギャラリー