ディーン・フジオカ“小比類巻”が岸井ゆきの“最上”と最先端科学について論争「文句なく楽しい」

ディーン・フジオカ“小比類巻”が岸井ゆきの“最上”と最先端科学について論争「文句なく楽しい」
最新エピソードを無料視聴

ディーン・フジオカが主演を務める土曜ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(日本テレビ系、毎週土曜22:00~)の第1話が、4月23日に放送。最先端科学がテーマのストーリーや登場人物たちのやり取りに、ネット上では様々な反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は警視庁に創設された科学犯罪対策室が舞台の刑事ドラマ。室長の小比類巻祐一(ディーン)は、メンバーと共に最先端科学にまつわる事件の謎を解き明かしていく。

ロボット開発を手掛ける神楽テクノロジーのCEO・安井一央(佐藤貢三)が殺害される。死因は、密閉されたシミュレーション室の酸素濃度が意図的に下げられたことによる低酸素血症だった。小比類巻は、科学犯罪対策室に呼び寄せた元捜査一課の刑事・長谷部勉(ユースケ・サンタマリア)と共に捜査を開始する。

2人がまず訪ねたのは、遺体の第一発見者でもあるAIロボットのLEOだった。小比類巻の問いかけに対し、「安井CEOは私が殺しました」と自供するLEOだったが、ロボット開発チームのチーフ・郷原美鈴(内田理央)らはこれを否定。LEOが人に危害を加えることはないと強調する。

事件解決のため、小比類巻は天才科学者の最上友紀子(岸井ゆきの)にアドバイザーとして協力を依頼。最上は科学の発展には代償があり、すでに踏み入れてはいけない領域まで来ていると警鐘を鳴らすが、小比類巻は「科学は人類にとって、私にとって光なんです」と主張する。訳ありな様子の小比類巻に興味を持った最上は「あんたが間違っているって教えるために来たの」と、アドバイザーを引き受けることに。

そして小比類巻は、厚生労働省に務める後輩の三枝益生(佐藤隆太)が集めた資料によって、神楽テクノロジーの創業者・神楽博(村上新悟)が脳をコピーする最先端技術「全脳エミュレーション」を研究していたことを知る。LEOの中には亡くなった神楽の脳が再現されており、神楽を慕っていた郷原は、処分される寸前だったLEOを守るために、安井を殺害していた。事件の真相にたどり着いた小比類巻と最上だったが、郷原は2人をシミュレーション室に閉じ込め、酸素濃度が下がるように操作。そんな2人のピンチに、LEOはある行動に出る。

テンポ感のあるストーリーや3人のやり取りに、ネット上では「文句なく楽しい」「引き込まれる」「掛け合いが良い」「組み合わせ最高」などの声が上がっていた。

次回第2話は、4月30日放送。人が真っ白な煙を噴き出して死亡するという奇妙な事件が発生する。

画像ギャラリー