新国立での一戦を控えたFC東京の挑戦に注目!世界を見据えたクラブ改革とは

新国立での一戦を控えたFC東京の挑戦に注目!世界を見据えたクラブ改革とは

4月23日に放送されるサッカー番組『FOOT×BRAIN』(テレビ東京系、毎週土曜24:25~)は、国立競技場でのホームゲームを控えたJ1のFC東京を特集。マーケティング本部長の川崎渉をゲストに迎え、世界を見据えたFC東京のクラブ改革に迫る。

国立競技場で改修後初となるJ1リーグの試合が開催される。これまで、ディエゴ・マラドーナの来日試合や、Jリーグ開幕戦などが行われてきた日本サッカーの聖地に、新たな歴史が刻まれる。主役は、首都・東京をホームタウンとするFC東京。改修後、天皇杯やルヴァンカップは開催されたが、なぜこれまでJ1の試合は行われなかったのか。国立競技場での開催に至った経緯が川崎から明かされる。

また、番組では今年からFC東京が行っている改革にも着目。今シーズンはFCバルセロナのコーチだったアルベル・プッチ・オルトネダ監督の招聘や、大型ルーキー・松木玖生の獲得などでも話題だが、同時に大胆なクラブ改革も進められていた。スタジオでは、川崎がMCの勝村政信や、解説の北澤豪らとトークを繰り広げながら、FC東京が取り組んでいる3つの改革を説明していく。

その一つ、スタジアム演出の改善によって、FC東京は観客動員数を増やしており、第8節の浦和レッズ戦では入場制限解除後、最多となる観客2万2000人を記録。サポーターからも「かっこいい」と評判を呼んでいる演出アイデアとは?

さらに、新規ファンを取り入れるためのSNSの活用や、チーム強化のために導入した最新技術なども紹介。4月29日(金・祝)の歴史的な一戦を前に、世界にも引けを取らないクラブを目指すFC東京の挑戦を紐解いていく。

画像ギャラリー