ロングコートダディ、“よしもと漫才劇場”の魅力を語る

ロングコートダディ、“よしもと漫才劇場”の魅力を語る
最新エピソードを無料視聴

アンタッチャブル柴田英嗣山崎弘也)×サンドウィッチマン伊達みきお富澤たけし)による『お笑い実力刃 presents 証言者バラエティ アンタウォッチマン!』(テレビ朝日系、毎週月曜23:45~※一部地域を除く)が、4月18日に放送される。

この日は、2014年のオープン以来、若手芸人を多数輩出してきた“よしもと漫才劇場”、通称・マンゲキに注目する「よしもと漫才劇場SP」と題し、現役所属メンバーであり、『キングオブコント2020』『M-1グランプリ2021』のファイナリストでもあるロングコートダディ堂前透)が、“証言者=ウォッチマン”として登場。劇場で磨きをかけたコントネタも披露する。

2014年にオープンしたマンゲキ。吉本興業の若手にとっては登竜門ともいうべき場所で、霜降り明星粗品せいや)をはじめ、ミキ昴生亜生)、蛙亭中野周平イワクラ)など、賞レースで活躍する実力派芸人を数多く輩出。最近では、見取り図盛山晋太郎リリー)が東京進出をきっかけに卒業したことが話題になった。そのマンゲキとはいったいどのような劇場なのか?

マンゲキの基本コンセプトは、若手芸人の育成や人気芸人の発掘。“漫才劇場”と銘打っているが、漫才師のみならずコント師やピン芸人も所属。およそ100組のメンバーが、年間1000本以上のライブでしのぎを削っているという。

今回は、見取り図ら卒業メンバーや、ミルクボーイ内海崇駒場孝)、ニッポンの社長ケツ)ら現役メンバーの証言をもとになぜそんなにスター芸人を輩出できるのか、マンゲキの秘密に迫っていく。すると、マンゲキはほかに類を見ない独特な劇場であることが明らかに!? 

また、2020年、東京に誕生した“神保町よしもと漫才劇場”にも注目する。

画像ギャラリー

PICK UP