山田涼介の“可愛い”エピソード続々!大橋和也「メイクしてるとき…」

山田涼介の“可愛い”エピソード続々!大橋和也「メイクしてるとき…」
最新エピソードを無料視聴

4月16日スタートのドラマ『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)の制作発表会見が4月9日に行われ、山田涼介Hey!Say!JUMP)、芳根京子大橋和也なにわ男子)、迫田孝也西田尚美古田新太が登壇した。

本作は、山田演じる「可愛い」を武器に生きてきた“あざかわ男子”と、芳根演じる26年恋愛経験ゼロの“ロボット女”が繰り広げる、不器用な2人の遅すぎる初恋を描く“キュンムズ”ラブコメディ。

山田は開口一番、「可愛い29歳、丸谷康介を演じています。山田涼介ですっ!」とあざと可愛く挨拶。芳根は、「すごくアットホームな現場で毎日楽しく行かせてもらってるんですけど、30分ドラマなので撮影期間が短くて、すでに寂しいなと思ってます。まだ放送が始まってもないのに」と話して笑わせた。

事務所の先輩である山田について、大橋は「楽しい方やし、ちょっとおっちょこちょいな方でもある。優しいのでアドバイスもいただいていて、安心感があります」と元気いっぱいにコメント。山田は「うるさいんですよ、こいつ」と顔をしかめながらも、「めちゃくちゃ元気なので、なにわ男子すげぇな! って。大橋くんの『おはようございます!』が現場に響き渡ると、そこから明るくなる。現場の元気担当です」と太鼓判を押した。

また、山田と古田が共演するのは13年ぶり。「そんなに経つんだ。先一昨日くらいに感じる」と言う古田に、山田は「それはちょっと酒飲み過ぎっすね。記憶が10何年間飛んじゃってますから」と返し、2人で笑い合った。

ここで、キャストに「◯✕」二択アンケートを実施。「キュンしやすいタイプ」に✕と答えた山田は、「姪っ子とかペットにはキュンとするけど、女性に対してはあまりないかな」といい、同じく✕をあげた芳根も「職業柄、どうしたらキュンできるんだろうって分析に入ってしまう」と説明。一方、◯をあげた大橋は「少女漫画を開いた瞬間にキュンってするんですよね。壁ドンとかしてたら、おいっ! きた! みたいな」とほほえんだ。

また「憧れの先輩がいる」に◯をあげた山田は、「もともと堂本光一さんに憧れて(この世界に)入って、もちろん今でも憧れています。あとは岡田(准一)さんと二宮(和也)さん。近くで背中を見させていただいて、本当に尊敬する部分がたくさんある。こういう先輩にならなきゃなと思っているので、たぶん僕に憧れてくれると思います」と、突然、後輩にキラーパス。

それを受けた大橋が、「僕もたくさん尊敬する方がいるんですけど、大野(智)くんだったり、大倉(忠義)くんだったり……もちろん、山田くんもすんごい尊敬してます!」と話すと、山田は「あとづけ感がすごい」と本音をこぼしていた。

自分の可愛さを自覚していないという山田だが、その可愛さは折り紙付き。古田は「見た目が可愛いから、もうしょうがないよね」と話し、西田も「何やったって可愛いし、綺麗だし。山田くんはずーっとこうなんだろうなと思います」と絶賛。古田も「13年ぶりに会って可愛いなって思いますもん」と感嘆する。

さらに、迫田は「造形美。彫刻を見てるみたいにずっと眺めてたら、急に動くからびっくりする」といい、芳根は「初日にフェイスシールドを(上下)逆につけていて、どこを守ってるんだろう、みたいな。結構天然なのかなと感じますね」と山田の内面の“可愛さ”を明かす。

そんな中、大橋は「言い間違いをするところも可愛らしいなと思っています」と告白。ところが「具体的には?」と聞かれ、「これっていうのは思い出せないんですけど、ほんまに日々、可愛いなと思っています」と続けると、「ちょと待って、俺日々間違えてる!?」と山田。大橋が「違う違う! メイクしてるときも可愛いな~と思いながら見てます」と慌てて否定すると、山田は「どういう目線?」と笑いながら、「ありがとうございます」と感謝した。

また「30歳までにやりたいこと」を問われた山田は「ウユニ塩湖とカッパドキアに行きたい」とし、「メンバーで行けたら一番嬉しいかな。いろいろな景色を今の8人で見てきているので、これからもいろいろな景色を8人で見て、それをファンの皆さんにも共有できたら」と笑顔。かたや「東京を散歩したい」という大橋は、「涼くんに教えてもらった場所にはすぐに行きたい」と山田にアピールするも、山田は「プライベートで会うのは遠慮させていただきます」とぴしゃり。大橋は「なんでっ!? いいじゃないですか!」と声をあげていた。

最後に山田は、「このドラマはコメディ要素も満載なので、キュンキュンしながらたくさん笑っていただきたいです」とメッセージ。フォトセッションの際には“あざと可愛いポーズ”を何度もリクエストされ、きっちり応えながらも「勘弁してください!」と照れ笑いを浮かべていた。

画像ギャラリー