「iCON Z」のEmyli先生ってどんな人?厳しい指導の根底に流れる思い明かす:Dreamer Z

テレ東プラス

Z世代のスターを発掘する「~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z」(MC:木梨憲武池谷実悠テレビ東京アナウンサー)。
半年以上に渡って行われてきた、LDH史上最大規模のオーディション「iCON Z ~Dreams For Children~」ガールズグループ部門。いよいよクライマックス! 日曜夜9時から、最終審査の模様が放送される。

icon_20220925_1.JPG
応募総数約4万8000人(男女両部門)の中から、Missionを勝ち進んできたのはわずか10名。ここから5名が夢の切符を手にすることになる。
審査をするのは、ガールズグループ部門プロデューサーのØMI(登坂広臣/三代目 J SOUL BROTHERS)を始め、楽曲制作、ボーカル、ダンスレッスン担当者ら合計5名だ。

レッスンそして週末合宿...過酷なトレーニングが行われる中、俄然視聴者の注目を集めているのが、ボーカルトレーニングを務めるEmyliさん。合宿では「甘いと思う」「すげぇつまんなかった」など厳しい言葉を投げかけるシーンも多く、時に涙を見せる候補生も...。

果たして、Emyliさんはどんな人物なのか...? 気になって仕方がない「テレ東プラス」取材班は、Emyliさんの独占インタビューに成功した!
厳しく指導するシーンがインパクト大なため、内心ビビっていた取材班(笑)。だが、お会いした途端、優しく迎えてくださり、なんとインタビュースペースを作るお手伝いまで!
そんなEmyliさんに、自身のお話から候補生たちに対する熱い思いまで...たっぷり話を伺った。

dreamerz_20220924_02.jpg

彼女たちは友達と遊びたい気持ちをグッと我慢して、夢を叶えるために必死で頑張っている...その姿が自分と重なります

――まずはEmyliさんご自身について聞かせてください。ミュージシャンのお父様と作詞家のお母様のもとに生まれ、幼少期からアメリカンスクールに通っていたと伺いました。
11歳から本格的に歌を始め、15歳という若さでアーティストデビューされたとのことですが、本格的に歌手を目指したきっかけは?

「マイケルジャクソンが大好きで、彼のように歌って踊れるアーティストになりたいという夢を抱きました。ダンスも頑張っていて、3歳からモダン・バレエを始め、6歳からはHIP HOPダンス。小学校から高校を卒業するまでは、週末も含め毎日レッスンだったので、忙しかったですね」

――レッスンに追われ、多忙な青春期を過ごされたと。まさに、ガールズの候補生たちと同じような日常を送っていたわけですね。途中でレッスンが嫌になったり、つらくなったりしたことはありませんでしたか?

「バレエのレッスンには10年くらい通いましたが、毎回振り付けが同じだったので、『もういいや』と思ったことはあります(笑)。でも、どうしてもアーティストになりたかったので、毎日レッスンに通うこと自体は苦ではありませんでした。
少しだけつらかったのは、子どもの頃からプライベートな時間が全くなかったこと。平日は学校に行き、帰りの電車の中でなるべく宿題を済ませ、帰宅したら急いで支度をして、すぐにバレエのレッスンへ。帰ったらご飯を食べて歌のレッスン、そこから宿題の続きをやる...というのがルーティーン。週末は午前中までに宿題を終わらせ、午後から夜までずっとレッスン。そんな生活を送っていたので、学校以外の場所で同級生と遊んだ記憶はほぼないです。みんなが放課後におしゃべりしたり、デートしたりしているのが少しうらやましかった...孤独でしたね。だけど私には夢があって、楽しみを我慢しなきゃいけないと思っていたので、何とかやっていけました」

――そういった苦労や孤独を乗り越えてアーティストになり、現在はオーディションを審査する立場に。半年以上という長い期間、候補生たちを見守ってきていかがでしたか。

「体感としてはあっという間でした。特に印象に残っているのは、合宿最初の頃のボイストレーニング。合宿初日、ある候補生はまったく声が出ていませんでしたが、『先生、どうすればいいですか?』と相談されて、『何も考えずに歌ってみたらどう?』とアドバイスしました。そこから本人もいろいろ考えたのか、別人のように声が出るようになって...。確かその時、私は初めて泣きました。まさかボイトレで泣くなんて(笑)。すごく心配していたので、そこまで頑張ってくれた姿を見て、感動しました」

――Emyliさんご自身も、過酷なレッスンの日々を過ごしてきたからこそ、感情移入したのですね。

「そうだと思います。学校とレッスンの両立って、ものすごく大変。彼女たちは友達と遊びたい気持ちをグッと我慢して、夢を叶えるために必死で頑張っている。その姿が、自分と重なるんですよね。だからこそ、頑張っているのを見ると泣けてしまいます。
時に厳しい言葉も投げかけますが、指導する側としては、ただ怒るだけではいけないと思っています。感情に任せて怒るだけで、中身が薄い人ってよくいるけど、それは絶対にダメ。本当にためになると思うからこそ、その子を叱ってくれる存在というのが大事なんです」

dreamerz_20220924_03.jpg
――愛ゆえの叱咤激励...Emyliさんの厳しい言葉は、候補生だけではなく視聴者の胸にも刺さります。大人の恋愛がテーマの課題曲『ONE BITE』では、候補生に「他人の恋愛話を歌ってるみたい」と指摘したこともありましたが、そういった言葉は自然に出てくるものなのでしょうか?

「私は計算が下手なので、計算して何かを言うことはありません(笑)。あの時は、候補生の歌に感情がこもっておらず、まるで他人事のように聞こえたので、そうアドバイスしました。ストイックなレッスンの後、毎回『Q&A』という候補生から質問を受ける時間を設けていますが、その時、みんな悩みを打ち明けてくれます。厳しくしたとは思いますが、彼女たちのメンタルケアもしたかったので、悩んでいる子には『大丈夫だよ』と寄り添うようにしていました」

――実は3rd Missionの審査の日、スタジオで取材していましたが、候補生たちがEmyliさんと目で会話しているのがとても印象的でした。信頼関係、固い絆を感じたというか...。

「みんな心を開いてくれていたと思います。歌うことって自分の体から魂を出すことなので、シンガーって無防備な状態になるんですよ。それを全て受け止めて、ケアしてあげたいと思いながら接していました」

dreamerz_20220924_04.jpg

PICK UP