松本人志に「面白くな~い」といわれ...キングオブコント王者が仕事激減で始めた副業:じっくり聞いタロウ

公開: 更新: テレ東プラス

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」。5月12日(木)の放送は「副業芸人SP」。お笑い芸人、かもめんたる槙尾ユウスケが副業をすることになった衝撃の理由と、仕事の仕組みや裏側を大暴露!

「キングオブコント」チャンピオンが月収4万円!?

かもめんたるは、2013年「キングオブコント」で優勝。チャンピオンにはロバートバイきんぐかまいたちといった人気芸人が名を連ね、売れるのがほぼ約束された輝かしい称号!...のはずが、槙尾はその恩恵にほとんどあやかれずテレビで見掛けることは少なくなった。現在は、ある副業を週に5日以上やっているという。

優勝した当時、槙尾の当時のMAX月収は優勝賞金もあって600~700万円だったが、半年後には仕事が減り始めたそう。

さらに、かもめんたるがテレビから消えてしまう衝撃的な出来事が! 槙尾いわく、かもめんたるはコントで勝負してきたためトーク力はイマイチ。翌年の大会に前年度チャンピオンとして出演するが、コメントを求められる度に「尋常じゃないスベり方」をしてしまい、どんな芸人でもフォローする司会のダウンタウン松本人志に「面白くな~い」と言われてしまう。

その後、テレビの仕事はほぼゼロに。さらに近年はコロナ禍で営業の仕事もほとんどなくなった。芸人のみの「先々月・先月・今月」の月収を、番組恒例ザ・たっちの「ちょっと、ちょっとちょっと」のリズムに乗せて明かすと、「13万・4万・22万円」とのこと。

結婚し9歳の子どももいる槙尾は、家族を養うため「間借りカレー」の副業を始めた。「間借り」とはレストランやバーなどの営業していない時間帯に場所を借りて店を出す営業スタイル。賃料も比較的安い上、コンロや食器などがそのまま使えるので初期投資も抑えられるメリットがある。それにしても、なぜカレー店なのか?

PICK UP