なにわ男子・大橋和也×シソンヌ・長谷川忍<「黄金の定食」取材会ほぼ全文>「道枝と長尾にいつも『ご飯行きましょう』とせがまれます(笑)」

テレ東プラス

1 月 16 日(日)深夜 1時35分からは、「黄金の定食」がスタート!

ougon_20220116_thum.jpg
なにわ男子大橋和也シソンヌ長谷川忍が、町の定食屋さんから知る人ぞ知る名店まで...様々なお店を巡り、食べる定食を悩みに悩んで、選んだ定食をひたすら食べる、ただそれだけのグルメ番組!......ですが、プロデュースは佐久間宣行。1クール限定の特別企画として、実験的なグルメ番組が始動します。

#1で訪れるのは... ボリューム満点な定食メニューが豊富な、文京区・千駄木にある大人気大衆食堂。
#2で訪れるのは... 刺身、焼き魚、フライなどコスパ最高な定食が評判の新橋にある居酒屋店。

「テレ東プラス」では、リモートで行われた取材会の模様をあますことなくお届けします。

――まずは、佐久間プロデューサーが大橋さん、長谷川さんを起用した理由からお聞かせください。

佐久間「なにわ男子のYouTubeを見て、大橋くんは食べることがめちゃくちゃ好きなんだなと。多分、ジャニーズの中で一番奢り甲斐がある(笑)。この企画にピッタリだなと思い、お願いしました。そして、ジャニーズと相性の良い川島明(麒麟)さんや大吉(博多華丸・大吉)さんに次ぐ人材は誰かと考えた時、長谷川さんが浮かびました。良いコンビネーションになるのではないかと思います」

大橋「僕は、グルメ番組なのかバラエティ番組なのか、まだ分かってないです(笑)。僕たちも模索しながら、楽しくて新しい番組を作っていきたいです」

――佐久間さんから見て、大橋さんのバラエティ能力はいかがですか?

「この番組をやるにあたり、なにわ男子の映像はほぼ全部見ました。大橋くんはどんな時も心が折れないし、いつも楽しそう。この番組でも、食べることが本当に好きということが伝わると思います。問題は、僕が家でずっとなにわ男子の映像を見ていたせいで、妻がファンクラブに入ってしまったこと(笑)」

大橋「えっ!? ありがとうございます! じゃあ奥様は僕のファンってことですか?」

佐久間「それがですね、妻はみっちー(道枝駿佑)のファンになってしまいました」

大橋「おおーい! なんでやねん!(笑)」

――大橋さんと長谷川さんは、今回の番組の収録で初対面されたそうですが、お互いの印象を教えてください。

長谷川「大橋くんは末っ子感がすごくて一緒にいると構ってあげたくなる。ちょっと天然な部分もありますが、コメント力がしっかりあって、そのギャップが魅力的です。実はさっき知ったんですけど...大橋くんってなにわ男子のリーダーなんだね! 一番リーダーっぽくないと思ってた!(笑) でも番組の仕切りもきちんとやるので、リーダーらしさも感じます」

大橋「そんなこと初めて言われました! 長谷川さんはすごく面白い方だなと。あとは体が大きいので、初めて会った時はちょっと怖かったけど、喋ってみたらすごく優しくて...。初めての収録後『一緒に買い物行きましょう』とお誘いしたら、『行こう行こう!』って、その日のうちに行きました」

佐久間「初収録の日に2人で買い物に行くなんて、いいコンビネーションだね!」

――共演してみて、相手から影響を受けたことは?

長谷川「大橋くんはとにかく明るくて、その弾ける笑顔で現場がパッと明るくなる。あと、挨拶の声が大きい。僕は歳をとってボソボソ挨拶するようになってきたので、そこは見習いたいです」

大橋「長谷川さんは、僕が言ったことを全部拾って、しかも面白くしてくれるんですよ。それってやっぱり天性の才能だなと思います」

長谷川「いやいや(笑)」

――大橋さんは、どんな気持ちで収録に臨みましたか? また、メンバーの反応も教えてください!

大橋「僕はそんなに喋りが上手じゃなくて、もっと上手いメンバーもいるんですよ。そんな中、グルメ=大橋って考えてくださったのがすごく嬉しかったです。メンバーに伝えたら、『めっちゃいいやん! なに食べれるん?』と。そして事務所の人たちは、僕が一人で出ることをめっちゃ心配してました(笑)。でも長谷川さんがいるので心強いです。バラエティ番組のことをもっと知りたいので、勉強しながら楽しめたらと思います」

――なにわ男子のメンバーと定食屋さんに行くことはありますか?

大橋「ありますよ。そういう時は絶対にメンバーと違うものを頼んで、ちょっと分けて貰おうかなって。だけど『ちょうだい』と言っても、みんなくれないんですよ。だからよそ見をした隙に、コッソリ食べます(笑)。なにわ男子は、20歳以上のメンバーがご馳走するシステム。道枝と長尾(謙社)が10代なので、いつも『ご飯行きましょう』とせがまれます」

長谷川「吉本と同じじゃん! 僕も渡辺直美とか、バカ売れしてる後輩に奢らなきゃいけないから、納得いかない(笑)」