ボイメン吉原雅斗扮するロックスターの死に栗山千明が迫る『サイレント・ヴォイス』

川平慈英吉原雅斗BOYS AND MEN)が、栗山千明主演『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻 Season2』(BSテレ東/BSテレ東4K、毎週土曜21:00~)の第2話(4月18日放送)にゲスト出演する。

本作は、2010年に「このミステリーがすごい!大賞」の優秀賞を受賞し、作家デビューを飾った新鋭ミステリー作家・佐藤青南の小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズの「サイレント・ヴォイス」を原作にした心理サスペンス。栗山が演じる女刑事・楯岡絵麻は、人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取ることができる行動心理学の使い手だ。

今回ゲスト出演する川平は、ミュージシャン・吉田恭司(吉原)を育てた音楽事務所社長兼プロデューサー・岡村康弘役で登場する。

<第2話あらすじ>
行動心理学で嘘を見抜く美貌の女刑事・楯岡絵麻(栗山)が取り調べるのは、ヒットを連発する音楽プロデューサー・岡村(川平)。彼が育てたロックミュージシャン恭司(吉原)が薬物の過剰摂取で死亡するが、岡村が殺した可能性が浮上。岡村は数々のロックスターが27歳で死んだのと同様、音楽活動に行き詰った恭司が自殺したと主張する。人の心を動かすことを生業とする岡村は、魅力的に主張し巧みに警察をも煙に巻く……。

果たして絵麻は、真相にたどり着くことはできるのか?

PICK UP