マツコ、ドラァグクイーン目指すやすおちゃんを激励「停滞した日本ファッション界に風穴を」

マツコ・デラックスが番組スタッフと企画会議を行い、今話題のディープな場所と中継を結んで、そのエリアを深掘りしていく番組『マツコ会議』(日本テレビ系、毎週土曜23:00~)。11月17日の放送は、ファッション業界の金の卵が集う文化服装学院の文化祭と中継を結んで次世代の超個性的なファッションクリエーター達を深掘りする。

文化祭では、各科ごとの作品展示、施設公開、バザー作品販売や模擬店、野外ステージ等盛りだくさんの内容で、中でも企画構成や作品制作、スタイリング、メイク、舞台演出、モデル等、先生やファッション業界のサポートのもと、全て学生達で行うファッションショーは必見で、毎年2万人以上の来場者が訪れる。

最近ではオリジナルのアパレルブランドを立ち上げてビジネスをする学生が増えており、ファッションアプリを使って自分達のウェブショップを開設し、月に10万円近く売り上げがあるという。ただ、服飾学生は超個性的なファッションの娘が多い為、男子にモテないという悩みを告白。すると「人間とはやりたい事をやればやるほどモテなくなるもの、孤独だけど好きな事をやって生きる人生を選ぶか、そこをちょっとでも堪えてでも何となくほんわかした幸せを手に入れるか……」と勇気付けるマツコ。

そのほか、以前同番組に出演したやすおちゃんが再び登場する。「いま、ドラァグクイーンになりたいんです」というやすおちゃん。前回出演した際に「東京に出た方がいい」と言われ、それがきっかけで上京する決意を固めて文化服装学院に入学。マツコは、久々の再会で都会の生活に迷走するやすおちゃんに「あなたみたいな人が道を切り開いて行くのだから、停滞した日本ファッション界に風穴を開けなさい!」と激励する。

PICK UP