深田恭子&松山ケンイチがベッドで…『隣の家族は青く見える』ポスター&映像解禁

深田恭子松山ケンイチが妊活に励む夫婦を演じる新ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~、2018年1月スタート)のポスタービジュアルとティザー映像が、この度解禁された。

本作は、脚本家・中谷まゆみ氏によるオリジナル作品。様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマだ。コーポラティブハウスは、一戸建てより安く、マンションよりデザインにこだわりを追求できるという理由で近年、注目されている。しかし、住人同士は否でも応でも密接な関係を築くことになり、各家族の秘密が徐々に暴かれていく。

主演の深田は、家の購入を機に妊活を始める35歳の主人公・五十嵐奈々を、松山は、奈々の夫で中堅玩具メーカーに勤める32歳・五十嵐大器役を演じる。“子どもが欲しいカップル”である2人のほか、コーポラティブハウスには、子どもは欲しくない女性とバツイチ男性のカップル、子どもと理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫のカップル、子どもを持つことを真剣に考える男性同士のカップルなど、現代的な悩みを抱えた家族たちが集まる。

今回明らかとなったポスタービジュアルとティザー映像では、家族にとって最もプライベートな空間、そして夫婦の素の表情が出る場所・ベッドでのシーンが描かれている。11月末に行われた撮影では、深田と松山が初めて役になりきり、本物の夫婦のように仲むつまじい様子を見せた。

ポスタービジュアルに書かれているキャッチコピーは「どんな夫婦も悩みを隠して笑っている」。隣近所、夫婦それぞれが抱える事情や悩みがいやが応でもあからさまになってしまうドラマの世界観を表すべく、目玉や双眼鏡といったモチーフが使われている。

またティザー映像は、ベッドに入っている奈々と大器に、なぜか隣近所のカップルの会話が聞こえてきてしまうが、その後二人にも悩みがあることがわかるという内容。平山浩行と高橋メアリージュンが演じる“子供が欲しくない女性とバツイチ男性のカップル”、真飛聖と野間口徹が演じる“子供と理想の家族像に執着する主婦と会社を辞めてしまった夫のカップル” 北村匠海と眞島秀和が演じる“男性同士のカップル”といったそれぞれの事情、そして妊活に励んでいる主人公夫婦が描かれている。

PICK UP