明石家さんま、木村拓哉を従え人生初の“プライベート”テレビ公開

明石家さんま木村拓哉がタッグを組み、2003年にスタートしたフジテレビのバラエティ番組『さんタク』が、4月10日(月)21時より放送。「家で過ごす1日を見せないタレント」と断言するさんまが、木村を付き人につけるという形で、人生で初めてプライベートをテレビ公開する。

これまで、スカイダイビング、カヌーで川下り、ロッククライミングに洞窟探検と、あらゆるスポーツに挑戦し、時には真剣勝負を繰り広げてきた2人。今回は、さんまの「木村拓哉を俺の付き人に!」という思いも寄らない発言から企画がスタート。木村が「今までの『さんタク』にはない大変さがあった」と振り返る収録となった。

木村にとって人生初の1日付き人。まずは付き人の基本、仕事に向かうために、さんまの家に車で迎えに行く。スーツ姿の木村が待っていると、さんまは大荷物を抱えて登場。驚くほど重い荷物の正体は何なのか? そして、やっと仕事に向かうかと思いきや行き先は意外な場所。そこで思いがけない行動を取るさんまを目にし、木村は、無事に1日付き人をやりきれるのかと不安になる。

次に向かったのは、レギュラーラジオ番組の収録。番組にはさんまの他、レギュラー出演者の村上ショージ、ピンチヒッターとして元モーニング娘。の石川梨華と、2年以上メディアから離れていた道重さゆみ、岡田ロビン翔子の3人が出演。出演者は収録スタジオにやってくるなりスーツ姿の木村を見つけ「うわ! なんで?」と混乱。とはいえ、木村は付き人、ラジオには出演しないはずなのだが……。

ラジオ収録を終えると、日本橋へ立ち寄り意外なものを購入してフジテレビの番組収録へ。2時間以上のラジオ収録を終えた後であっても、さんまのトークはとどまることを知らず、約3時間にわたりノンストップで語り続ける。収録が終わり、ようやく付き人から解放されるかと思いきや、そこからのプライベートタイムに木村は付き人として同行。謎のベールに包まれたさんまのプライベートが明らかになっていく。

更にさんまの勘違いを発端に「聖地巡礼」企画を実施。映画『君の名は』の大事なシーンに登場する階段が、かつて『オレたちひょうきん族』でさんまやたけしが収録を行った旧フジテレビ近くの階段だと思っていたという。そんな勘違いに気付いたところから、2人で聖地探しをしようと思い立つ。

聖地をたずねるため、2人は桜がほころび始めた東京に船で繰り出す。まだ少し肌寒い春風に「寒いなあ」と時には肩を寄せ合い、つかの間の太陽の日差しに体を温め合うなど、2人ならではの距離感で春の東京の昼下がりを旅していく。そうして、聖地を求め続けた末に『男女7人秋物語』のロケ地と『ロングバケーション』で使ったマンション近辺だという結論に至る。早速2つの場所を確認すると、そこで意外な展開が待っていた。さらに聖地をバックにさんまのリクエストに答え、あの名曲を木村が歌うことに。さんまも感激しきりのエンディングを迎える。