菅田将暉、驚愕の芝居に演出家「冷や汗」“秘薬”投与でカメレオン俳優に

菅田将暉が、4月29日(土)21時からフジテレビ系列で放送される『世にも奇妙な物語'17春の特別編』に初出演、初主演することが決定。奇っ怪でユーモラスなオリジナル作品「カメレオン俳優」で、初主演ドラマの撮影で散々ダメ出しを受け、プレッシャーに押しつぶされそうな若手人気俳優・工藤圭太役を演じることがわかった。

工藤は「どんな役にも染まれるカメレオン俳優になれ」というマネージャーの鍋島(塚地武雅)の勧めで、一時的に思い通りの人間に変身できるという秘薬“カメレオーネ”の投与を始めてしまう。以来、まるでカメレオンのように次々と役に染まり、難役をこなしていく工藤。ドクターから“カメレオーネ”の投与は1日1回までと制限されていたにも関わらず、カメレオン俳優ランキングで不動の1位をキープする八巻卓朗(平山浩行)との競演をひかえ……。

“カメレオン俳優”と呼ばれることも少なくない菅田にとって、セルフパロディーとも言える本作。菅田は「ビジュアルのわかりやすい変化もあるんですけど、ところどころ自力でやっていかないといけないので、そこをぜひ見てほしいですね。物語の設定上は薬で変身していますが、実際には薬の力はないので……(笑)」とコメント。いろいろなキャラクターに変化する菅田の演技そのものが一番のみどころになっている。

『世にも奇妙な物語』への出演について嬉しかったと話す菅田。今作については、「お話をいただいた瞬間、これはぜひやりたい、やらなくてはと感じました。こんなもの(変身ホルモン薬“カメレオーネ”)はないんですよ、実際には。でも、今までいろいろな役をやらせていただいてきた経験とも重なりますし。物語の冒頭の“今はちょっと笑うだけでキャーキャー言われるけど、これからはハートのお芝居しなきゃダメだぞ”っていう台詞が妙にツボで、“これはやりたいな”と思いました」とコメント。

撮影については「ちゃんとクライマックスに向けてみんなで“良い悪ふざけ”ができている」と語り、「あまり見ることのない俳優業の裏側も見ることができますし、いろんなオモチャを用意して作っています。僕自身こういう欲っていうのはすごくよくわかるんです。でも、その(カメレオーネの)便利さにすがっていてもダメだし、結局は自分の力が全てだと思います。その人間のどうしようもなと悲しさがまさに『世にも奇妙な物語』で、僕も大好きな作品になっています」とアピールしている。

プロデュース・演出を手掛ける後藤庸介は「怪作です」と自信を示し、「変身モノとしてかなりハチャメチャに突き進む前半戦が、中盤に突如“アイデンティティクライシス”を扱うドラマになったかと思うと、驚がくのラストシーンが待っています。最強のライバルとの直接対決となるラストシーン、実はほとんどドキュメンタリーです」とコメント。さらに「奇跡のようなラスト5分です。僕は菅田くんのあるアドリブが衝撃的すぎて、冷や汗が止まりませんでした」と撮影の様子を明かした。