倉科カナ“女性のドロっとした部分”に興味「この役をやってみたい」

女優の倉科カナが、2017年1月からCS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメでスタートするドラマ『感情8号線』(全6話)の第2話で主演することが決定。コメントを発表した。

本作は、環状8号線沿いの街に住む6人の女性たちを中心に、リアルで切ない恋愛と人生を描いた畑野智美の連作小説が原作。物語の舞台となる荻窪、八幡山、千歳船橋、二子玉川、上野毛、田園調布は、直線距離だと近いのに、電車だと乗り換えが必要で遠回りになる街。それぞれの街には、幸せの中にも言えない思いや、DV、不倫など、ままならない恋愛に揺れている女性たちが住んでいる。毎回、ある街に住む一人の女性を中心に、それぞれが絡み合いながらストーリーは展開していく。

第2話で倉科が演じるのは、八幡山在住の主人公・絵梨。千歳船橋在住の亜実(貫地谷しほり)が働くインテリアショップでアルバイトしている。もう結婚することが決まっている彼からDVを受けているが、誰にも言えずにいる。

倉科は「女性のドロっとした部分が繊細に描かれていてとても興味深くもあり面白く、この役をやってみたいと感じ、即答でお受けしました」と語り、演じる絵梨については「私は自分を人と比較してしまうタイプなので、すごくわかる部分があったので、それを内に秘めているのではなく表現したいと思い、だからこそお受けしたのかもしれません」とコメント。「結婚間近にしてこの人でいいのかなと思いながらも生活レベルも落とせないという気持ちも理解できるところでもあり、DVを受けている役ですが、難しいなというよりも演じるのが楽しみです」と意気込んでいる。

2話以外には、川栄李奈、貫地谷、真飛聖、小野ゆり子、堀田茜が主人公として出演。番組はフジテレビTWOsmartでサイマル配信され、PC・スマホ・タブレットでも視聴することができる。