松嶋菜々子『昼顔』脚本家の新作で3年ぶり連ドラ主演

女優の松嶋菜々子が、7月スタートのフジテレビ系ドラマ『営業部長 吉良奈津子』(毎週木曜22:00)で主演を務めることが決定。松嶋が連続ドラマで主演を務めるのは、2013年7月期の『救命病棟24時 第5シリーズ』以来3年ぶりとなる。

平均視聴率26.4%、最高視聴率34.2%の『やまとなでしこ』(2000年)や平均視聴率25.2%、最高視聴率40.0%の『家政婦のミタ』(2011年)など、ドラマ史に残る話題作に出演してきた松嶋。そんな彼女が次に挑戦するのは、広告代理店の売れっ子クリエイティブディレクターでバリバリのキャリアウーマン・吉良奈津子。40歳手前で結婚し、出産と育児休暇を経て、3年ぶりに職場復帰を果たすが、与えられた仕事はクリエイティブではなく営業だった。さらに、口うるさい姑の手を借りたくないとベビーシッターを頼むが、その彼女の存在が幸せな家庭を崩壊していくきっかけになっていく。会社では自信を打ち砕かれ挫折し、やがて夫との間に大きな溝ができはじめ家庭も危機に……。次から次へと勃発していく問題に正面から向き合いながら、家庭を両立させるために奮闘していく姿が描かれる。

松嶋は演じる奈津子について、「女性の社会進出、産後復帰、そして家庭と仕事両立など、今の時代を生きる等身大の女性」とコメント。そして、一昨年に話題をさらった『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』や、松嶋が主演した朝ドラ『ひまわり』(NHK)の脚本を手掛ける井上由美子作品に出演できることを喜び、「久しぶりにご一緒させていただく井上由美子先生と素敵な共演者の皆様と、沢山の方に共感していただけるような作品にしていきたい」と意気込みを語った。

ドラマの企画意図について番組チーフプロデューサーの牧野正は、「今だからこそ、女性が働くということをまっすぐに描いたドラマが作りたい」と語り、松嶋の起用理由について「数々の役柄を時にチャーミングに、時にシリアスに演じてこられた松嶋菜々子さんだからこそ、2016年の働く女性代表として、すべての女性にエールを送るような存在になっていただける」とアピールしている。

PICK UP