宇多田ヒカルの新曲「真夏の通り雨」が『ZERO』テーマ曲に決定

日本テレビ系の情報番組『NEWS ZERO』(毎週月曜から木曜23:00~、金曜23:30~)のテーマ曲が、宇多田ヒカルの「真夏の通り雨」に決定。4月4日放送の番組内で、初披露される。

この楽曲は、今年(2016)レコーディングが行われ、ミックスエンジニアには昨年度グラミー賞4部門、今年度アカデミー賞最優秀歌曲賞を受賞したSam Smith(サム・スミス)を手掛けたことで知られるStephen Fitzmaurice(スティーブン・フィッツモーリス)と、宇多田が初のタッグを組んだ作品。その豊かなメロディーや表現力を増した歌声、研ぎ澄まされた歌詞は、まさに完全復帰と呼ぶに相応しい一曲になっている。

楽曲について、佐藤圭一チーフプロデューサーは「この曲のデモを聞いた時、鳥肌が立ちました。以前と変わらない伸びやかな声と、また深みを増した宇多田さんの言葉の一つ一つ。『NEWS ZERO』が伝えるのは素敵な話ばかりではなく、誰か大切な人を失ってしまう事件や事故も毎日のように起きます。それでも明日を前向きに生きていく、少しでも良い社会を作っていく。宇多田さんの曲を聴きながら番組を見終える人が、そんな気持ちで1日を終えてくれたら、と思っています」とコメントを寄せている。

PICK UP