遠藤憲一vs渡部篤郎、オッサン二人による“娘”の奪い合いがスタート!?

関西テレビ・フジテレビ系で1月にスタートするドラマ『お義父さんと呼ばせて』(毎週火曜22:00)の撮影がスタート。主演の遠藤憲一と渡部篤郎が、初日のロケ現場となった千葉のホテルにそろい踏みした。

このドラマは、遠藤演じる中堅専門商社の部長・大道寺保が、渡部演じる一流総合商社の取締役・花澤紀一郎の愛娘と出会い、年の差を乗り越えて結婚を決意することから展開。まるで異なる生き方を歩んできた51歳のオッサン二人が、「結婚したい男」と「結婚させたくない男」として、娘をめぐり激しくぶつかり合う姿をコミカルに描く。

この日、同じロケ場所ながら別々のシーンでの撮影となったが、遠藤は渡部の、渡部は遠藤の演技をお互いにモニターで確認し合ったり、撮影の合間にリラックスムードで談笑したりする姿も。先にクランクインを迎えた遠藤は、「土下座の大道寺」の異名を持つ役柄で、いきなりの土下座シーンからスタート。熱血営業部長として、部下を従えて必死の形相で額を床に押し当てた。他にも、ホテルの廊下を全力疾走するシーンでは、様々な角度から撮影するためにリハーサルを含め20回にも及ぶダッシュを繰り返した。さらに、この日最後には、頭からスーツまでびしょびしょになって撮影を行った。

遠藤は「最初はお父さん役かと思っていた」と語り、渡部について「厳しい人なので、ちょっとでもNGを出すと怒られちゃう(笑) 今回演じる保はちょうど紀一郎に怒られる役なので、日常でも怒られながらやっていきたいですね」と共演を心待ちにしている様子だった。