嵐が歴代最大“28時間45分”出演!フジ新春キャンペーン『アラおめ!』詳細を発表

フジテレビとアイドルグループ・嵐の新春キャンペーン『アラおめ!』の記者発表会見が1日、東京・台場のフジテレビ湾岸スタジオで行われ、嵐の大野智、櫻井翔、松本潤、二宮和也、相葉雅紀、そして、村崎太郎はじめとする“日光さる軍団”のメンバーが出席した。

今年で5回目を迎える新春キャンペーンのコンセプトは「つながる」。ポスター(12月28日から1月3日まで都内の駅や全国のローソンなどで掲示)やCM(12月26日から1月3日まで全国地上波などで放送)では、嵐が2016年の干支にちなんで猿に扮し、仲間同士つながって毛繕いする姿を披露する。そして、メインキャラクターの猿が描かれたオリジナル画像や、ロゴを自分好みにコーディネートしてダウンロードすることができる公式ホームページを展開。地上波では、歴代最大の28時間45分にわたり嵐が出演する番組を放送する。

この日の会見では、“芸猿が逆立ちしている時間だけ”嵐メンバーが出演番組を告知できるというPR企画を実施。まず、相葉が一番身体の大きな芸猿の“りく”と挑戦することに。台の上でりくが片手で逆立ちをはじめると、相葉は「12月3日16時15分から……」と嵐とゲストが真剣勝負を展開する『コレカツ嵐』の告知をスタート。しかし、ものの数秒で足が着いてしまいアピールタイムはあっけなく終了してしまう。相葉は「りく君が気になっちゃった(笑)」と告知どころではなかったことを明かすと、村崎は「片手で逆立ちするから数秒間しかできないんです(笑)」と思わぬ弱点を明かし、相葉を驚かせていた。

続いて櫻井が芸猿の“ジュニア”とPRに挑戦。ジュニアが綺麗に逆立ちをはじめると櫻井は1月3日18時から放送の『VS嵐2016賀正 新春豪華2本立てSP』の告知をスタート。「侍ジャパンやローラ軍団との三つ巴戦を行い、“BABA嵐”もあります!」と完璧に番組告知を終わらせ、余った時間で「ジュニア君は今年で7年目に入りました」と芸猿の紹介をする余裕を見せた。最後に、二宮が最年少の芸猿“くま”をパートナーに、1月3日21時から放送の主演ドラマ『坊っちゃん』の告知に挑むと、幼さ故か、足が着いているように見える怪しい逆立ちを披露。二宮は「ちゃんとできていますよ!」とフォローして番組を告知するなど、和やかなムードで会見は行われた。