広末涼子&内田有紀、奥田英朗の最新長編『ナオミとカナコ』でドラマ初共演

女優の広末涼子と内田有紀が、フジテレビ系で2016年1月期にスタートする新ドラマ『ナオミとカナコ』(毎週木曜22:00)で初共演を果たすことがわかった。

本作は、「邪魔」で大藪春彦賞、「空中ブランコ」で直木賞、「家日和」で柴田錬三郎賞、「オリンピックの身代金」で吉川英治文学賞など、数々の受賞歴を誇るベストセラー作家・奥田英朗の最新長編小説が原作。誰にでも起こりうる日常を舞台に、圧倒的なスピード感とスケール感で前代未聞の犯罪を遂行するヒロインたちの姿が描かれる。

広末が演じるのは、望んでいなかった百貨店の外商部でバリバリ働く勝ち気なキャリア・ウーマンの主人公・小田直美。一方、内田が演じるのは、直美の同級生で気が優しく控えめな性格の主婦で、DV(ドメスティックバイオレンス)に苦しむ服部加奈子。大学時代からの親友である二人が、DV夫を排除すべく、完全犯罪の殺害計画をたてることから物語はスタート。“いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那……。”復讐か、サバイバルか、自己実現か。二人の女は運命を共にし、一蓮托生のバディとなって、ひとりの男を殺す計画をたてる。

広末は「女性の心理を深く切り取るストーリーとそのサスペンス性に多くの女性が共感してくれるのではないかとワクワクしています」と作品の印象を語り、内田との初共演については「いつもドラマで拝見していて好きでした」とコメント。一方の内田は「胸が苦しくなるような恐怖を感じました。こんな思いを抱かせる原作を早く映像で見てみたい」と語り、演じるカナコについては「夫の暴力によって追い詰められる日々を過ごしています。その過程にある恐怖や心が壊れていく様など、演じる側としてはとても難しいものばかりなので、全力で受け止め、演じきりたい」と意気込み。また、広末との共演について「ナオミという役柄同様、頼れる女優さんなので、初共演を楽しみにしております」と話している。

虐げられた日常から勇気をもって踏み出すヒロインたちが、泥沼の日常を抜け出して人生を取り戻すため立ち上がる本作。犯罪者であるはずのヒロインたちに感情移入し、クライマックスには「絶対に捕まらないで逃げ延びて!」と思わず叫びたくなるような、痛快エンターテインメント作品がスタートする。